出会いは偶然ではなく必然なのかも知れない


最近、ふと思う事がある石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【出会いは必然なのかも知れない】
先日、お彼岸のお墓参りの帰り道、本宮市白沢にあるスマイルキッズパークに家族で寄っていくと・・・
高校時代からの友人家族にばったり遭遇。

お互いの子供も平成28年生まれの同級生で「きぼう」にも出演しているという共通点がたくさんあるという、もう偶然レベルじやないよね(笑)
彼もなんか会えそうな気がしてたんだ~ってお互いニュータイプ的な感じで話ししながら一緒に楽しいひと時を過ごさせていただきました。

さらに、小浜の紋付祭りでの出会い・再会は、僕の東京にいた頃のお仕事を一緒にさせていただいていた友人と一般社団法人マツリズムの大原学さんと岩楯恭司さんが大学からの同級生で友人で、僕の地元小浜で出会えるって!!もう色んな出会いが起こりに起こりまくって自分でも驚きの連続です(笑)

大原さん

岩楯さん

最近、そういう事が多いんです。まさに体感してます(笑)
出会いや再会は偶然ではなく、いつどのタイミングなんかは分かりませんが、人間の第6感が働いて、必然となって身の回りに起こっていて会うべくして僕たちは誰かと会っているじゃないのかな。
そして、色んな行動をしているから点と点が線になって的な感じにつながっていくんじゃないでしょうかね。

まあ、行動しているからこそ何かが起こっていく。変わっていく。そう信じて行動していきたいと思います。

本日はこんな感じで~。

 


The following two tabs change content below.
湊 純人

湊 純人

営業部長(有)ミナト石材
1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得
湊 純人

投稿者: 湊 純人

1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です