「花を石で楽しんでいただける」という価値


石で作る花器をいろいろ妄想中の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【石で花を引き立たす】
花を飾るのに世の中には数多くの花器というものが存在します。お洒落な空き瓶であったり、有名な陶器であってもいいと思います。
石でなんか楽しい事が出来たらいいなと日々考えていて、元々。お墓に花を供えるという文化が受け継がれてきているので新しくはないのかもしれませんが、石の花器を黒御影石で作ってみました。

新しいインテリアライトのストライプの加工にちょっとハマり気味です(笑)
あっ・・・こういうライトです。

まだ花を飾っていないので、どんな仕上がりになっていくかはこれからの楽しみですね。
そして、以前オーダー品で作らせていただいた花器に実際に花を生けていただいた写真を勢州屋の太田雅子さん(@yoidoreahiru)から頂戴いたしましたのでご紹介させていただきます。

インテリアストーン「倒れそうで倒れない花器」のサイズを大きくし中央に穴を開け、花を生けられるように加工しました。

かなり素敵ッス!!!!!!!!!!!!
今回はプロの方に生けていただいたそうなんですが、これからはご本人で楽しみながら花と石のある生活をお過ごしいただければと思います。
使っていただけるからこそ僕の作るインテリアストーンに価値が生まれていくんです。
先に挙げさせていらだいた黒御影石の花器も花を飾っていただいて素敵な価値が生まれていったら嬉しいですね。どんなんなるんでしょう!!

こういう石の花器やオーダーメイドの花器が欲しかったって方いらっしゃれば、ご連絡お待ちしております!!

お問い合わせはこちらからどうぞ!!(有)ミナト石材インテリアストーンページ

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン動画あるってよ。

 


The following two tabs change content below.
湊 純人

湊 純人

営業部長(有)ミナト石材
1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得
湊 純人

投稿者: 湊 純人

1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です