石の傘立て出来上がりました。そして、やっぱり行動していくことで変わっていく。


飲み会に行くと傘を持って帰るの忘れやすい石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石で傘立てを作ってみる】
石の加工において穴を開けるという加工はとても多いんです。水を抜くための穴であったり、お花や線香をお供えするための穴であったり、石に綺麗な丸い穴が開いていたら、きっとそれはその加工が施されたモノでしょう。
そんな穴開けを応用してこんなん作ってみました。

そうです。タイトル通りでしょ(笑)
個別に収納することでお気に入りの傘をいつでも綺麗に眺められます。下の横溝は水が抜ける構造になっているのでお使いいただいてから収納しても大丈夫。
見た目がお墓にある花筒立てのように見えるのはきっと職業病・・・・(笑)
シンプルな形と温かみのある石本来の石肌の色で、スタイルやシーンを選ばないことでしょう。
アナタのご自宅の玄関や少人数のお客様にサービスを提供されるお店さんでお使いいただけるような価値が生まれてくれたら嬉しいです。

【やっぱり行動していくことで何かが変わっていく】
石のある生活を楽しんでいただくために展開しているインテリアストーン。
こんな石があったらいいなーって僕の勝手な妄想で作られたり、僕の作る石が好きって言っていただける方とゲラゲラ笑いながら打ち合わせして作られていったりと使っていただける事、そして、楽しんでいただける事でいろいろ進化していくものなんでしょうね。
最初は楽しい妄想を形にしていくって最初は雲をつかむみたいな話だってけれど、とりあえず行動していく事、とりあえず続けていく事でいつの間にか実現していたり、一緒に楽しんで協力していただける人が現れたりと予想もしなかった未来がやってきたように感じています。
その未来を面白がって楽しんでいくことでまた新たな進化が生まれるかもしれないんでとりあえず行動していきたいと思います。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

立川こしら師匠も石積みクリエイターなんです!!


The following two tabs change content below.
湊 純人

湊 純人

営業部長(有)ミナト石材
1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得
湊 純人

投稿者: 湊 純人

1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です