ライトなら光らせてみようインテリアpart3 書斎で使ってます


意外にサングラスが似合うと言われて嬉しい石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【書斎を優しく照らす石の光】
光を放つ穴からライトの電球が見えない工夫って大事。
今後の展開に備え、販売のプロからのアドバイスをいただき創り上げました。
穴にガラスをはめ込むことで、見えなくなる新たなシリーズ。
縦のストライプと斜めの切り込みが今年の僕のお気に入りっス(笑)

そして、僕の書斎の明かり取りはインテリアストーンライト。
ゆっくりと大人のくつろぎを石から放たれる光と共に
だって石屋だもの。

使ってみて、どんな生活のシーンに適しているのかとか、どんな楽しみ方があるかってのは分かってくるものです。
使っていただけるからこそ、愛していただけるからこそ僕のインテリアストーンが目指している「石のある生活」の価値が高まっていくんじゃないでしょうかね。
僕のインテリアストーンが好きって言っていただいている方に喜んでいただける、楽しんでもらえる石をこれからも作っていきたいと思いますYO!!

そして、秋に向けて色々思案中なんです。
こんなライトシリーズに挑戦したいなーとか。
こんな石で作ってみたいなーとか。
秋に開催される大型イベントにも出店させていただける予定となっていますのでしっかりと高めていきたいと思います。

(有)ミナト石材、墓石業と共に色々やってます!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

インスタグラムやってます!!

ライトなら光らせてみよう、インテリア。 #インテリアライト #石のインテリア #interior #interiorstone

湊純人さん(@isiyasumihito1204)がシェアした投稿 –


 

 

 

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
湊 純人

湊 純人

営業部長(有)ミナト石材
1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得
湊 純人

投稿者: 湊 純人

1982年10月4日生まれ。福島県本宮市岩根在住。 墓石業とともに石のインテリアの立案、加工、販売に着手。 落語好きが転じて二本松いわしろ落語会の主催者を務める。 自宅の薪ストーブの炉台、炉壁が自身唯一のこだわり。 平成28年12月4日に長男晴都(はると)が誕生。一児のパパ。パパっ子にするべく奮闘中。 高校時代は硬式野球部に所属し、内外野のコンバートは数知れず。 助っ人外国人的な立場だったのかと今思う。 本宮市消防団第8分団に入団、現在は船舶部員として本宮夏祭りの 船漕ぎ競争の選手として船を漕ぐ。2級小型船舶免許所得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です