掴む、持ち上げる、知育教育に積み石!?

好きなキャプテンは翼君の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【つかんだり、持ち上げたり】
0歳~3歳までの時期、いろんな刺激を与えてあげる赤ちゃんから始める知育教育。
ウチのチビもあれよあれよと8ヶ月。
知育教育に取り組むことに。

石屋ですもの・・・・。
ゲインストーンでを使っての知育教育。

握って離して、サイコロのようにころがしたり・・。
まあ石ですからまだちょっと重いようですが頑張って持ち上げてます。これも刺激でしょう(笑)
頑張れ!!小っちゃい石積みクリエイター!!
固いぞ!?、重いぞ!?って不思議な顔をしながらゲインストーンを持ち上げて遊んでいる姿はなんか楽しそうです(笑)
石だし、危ないんじゃないの!?って心配される方もいるでしょうが、
落としても痛くないように床から近い状態(うつ伏せ)で遊ばせたり、市販のクッションフロアの上で遊ぶといった工夫でお子さんと一緒に楽しく知育教育として遊んでいただけると考えてます。
但し、投げたりするのはとっても危ないので、その点はしっかり見守って注意してあげてください。

「重い・固い」が当たり前の石。
ゲインストーンの質感や感触は好奇心旺盛な子供達にとって未知との遭遇になってくれる良い刺激になってくれるはずです。

バランサーもにぎにぎ(笑)

積み木ならぬ積み石ゲインストーンをご家族で楽しんで遊んでいただける最初の段階はトリックを決める事も大事ですが知育教育として、お子さんと一緒に楽しくゲインストーンと触れ合っていただくということでしょう。

お試しで小さいお子さんの知育教育に2個ほど使ってみたい方は下の当社HPからご連絡ください。又は僕のfacebookメッセンジャーにご連絡ください。
試して使って気に入っていただいてご購入いただいても大丈夫ですので~

さあ、僕と一緒にゲインストーン知育教育楽しんでみませんか?

(有)ミナト石材インテリアストーン・ゲインストーンのページあるってよ!!

ゲインストーン・「Creema」でも購入できます!!

インスタよかったらどうぞ。


ゲインストーン動画あるYO!!

 

 

 

 

 

 

こんなオーダーメイドのライトも承りますよ~。

石のある生活を送っている石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石の円をライトに】
僕の作るインテリアストーンは基本受注生産、オーダーメイドでの販売となっています。
なので、こんなのがいいな~って感じでお客さんと楽しい打ち合わせをしたり、メールやメッセンジャーに連絡をいただいています。
どのくらいするの?という参考には・・・・・
ハンドメイド販売「Creema」インテリアストーン販売ページでの販売金額で見ていただければと思います。
まあ、一番は僕のfacebookメッセンジャーに連絡いただければ間違いはないっす。

そして、今回はこんな感じも出来ますよって紹介です。
石の円にくり抜いた部分自体がライトになります。

暗くするとこんな感じ。

さらに暗く・・・・・。

昔流行ったアメリカのドラマ「HERO」を連想しそうな感じになります(笑)

石自体の形をライトととして活用したりも出来ます。
BARの暗い雰囲気でお酒を楽しみたい時や、客室の寝室のナイトランプにもオススメです。
石のナイトランプのある部屋・・・。なんか雰囲気がありますよね。
僕自身も石のある生活を送っていてブログを書く二階の書斎で石のライトを光らせながら書いてます。
文章力が上がるとか全然ないですけど(笑)、見てて心地よくなります。

どんな石があるの?って言われるよりも、こんな感じがいい!!って言っていただけるようなレパートリーが増えるように石工として、業界としてはひよっこですがこれからも作っていきたいと思います。
石のインテリアのオーダーメイドも承ってますよ~って話でした。押忍。

(有)ミナト石材墓石業にインテリアストーンに展開中!!

インスタやってます!!


 

ライトなら光らせてみようインテリアpart3 書斎で使ってます

意外にサングラスが似合うと言われて嬉しい石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【書斎を優しく照らす石の光】
光を放つ穴からライトの電球が見えない工夫って大事。
今後の展開に備え、販売のプロからのアドバイスをいただき創り上げました。
穴にガラスをはめ込むことで、見えなくなる新たなシリーズ。
縦のストライプと斜めの切り込みが今年の僕のお気に入りっス(笑)

そして、僕の書斎の明かり取りはインテリアストーンライト。
ゆっくりと大人のくつろぎを石から放たれる光と共に
だって石屋だもの。

使ってみて、どんな生活のシーンに適しているのかとか、どんな楽しみ方があるかってのは分かってくるものです。
使っていただけるからこそ、愛していただけるからこそ僕のインテリアストーンが目指している「石のある生活」の価値が高まっていくんじゃないでしょうかね。
僕のインテリアストーンが好きって言っていただいている方に喜んでいただける、楽しんでもらえる石をこれからも作っていきたいと思いますYO!!

そして、秋に向けて色々思案中なんです。
こんなライトシリーズに挑戦したいなーとか。
こんな石で作ってみたいなーとか。
秋に開催される大型イベントにも出店させていただける予定となっていますのでしっかりと高めていきたいと思います。

(有)ミナト石材、墓石業と共に色々やってます!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

インスタグラムやってます!!

ライトなら光らせてみよう、インテリア。 #インテリアライト #石のインテリア #interior #interiorstone

湊純人さん(@isiyasumihito1204)がシェアした投稿 –


 

 

 

 

 

 

 

 

石を磨いて色々作っています。

久しぶりに暑さと現場仕事の疲労で足がツリそうになった石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石を磨いて色々作っています】
僕の作る墓石の石製品、インテリアストーンは石を切ったり、穴を開けたり、磨いたりして作りあげられています。
本日は磨くに着目。
写真はポリッシャーという工具で先端に砥石を取り付けて、石を磨いていきます。

こんな感じに使います。
(結構前の動画なんで僕の工具の扱いが下手くそはご了承を(笑))

そして、石を工具で磨き上げていくと・・・・・
墓石の線香をお供えする香炉と呼ばれる石だったり

飲食のプロが愛用していただいているナイフスタンドだったり

石材加工に欠かせない研磨には、この工具がなくては仕事にならないんです。
そして、このポリッシャーを使った研磨を「手磨き」なんて僕たちは言うんですが、これがなかなか奥が深いんす。
自分の手で扱う感覚と砥石の石への当て方って作業し続けないと分からない。
石を平らに仕上げていく下地の段階から気を抜けない作業であり・・・。
仕上がったと思っても?
同じようにやっても仕上がりにムラが出てくるなんてことも・・・・・。
まだまだ僕みたいな駆け出し石屋が巨匠と呼ばれてもおかしくない石工の先輩方が創り上げるまさに芸術作品のような石製品には程遠いんす。
まさに「深い~~。」
まあ使い続けることで上手くなっていくと信じています。
何事も一歩一歩。ジャンプアップはないもんですね。
でも、やっていると前回出来なかった事が出来るようになっていくもんです。
ゆっくりですが、自分のペースでお客様の大切な財産である石、石のある生活をお届けするインテリアストーン・ゲインストーンを作っていきたいと思います。押忍。

(有)ミナト石材墓石業にインテリアストーンに色々挑戦しとります。

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

インスタグラムやってますよ!!

 

ジブリを支えた絵を見に行ってきました。

「耳をすませば」の上映の時、中学生だったことを思い出す石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【ジブリを支えたアニメーター近藤喜文さんの絵】
ジブリ映画や、BSアニメ劇場定番の「未来少年コナン」とか凄い好きです。
中学の時見た「耳をすませば」って印象的でした。

「耳をすませば」の監督を務められたのも近藤喜文氏だそうです。

【人物】
新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーター。
ジブリの宮崎駿・高畑勲両監督から絶大な信頼を得ていた。
唯一の長編監督作品「耳をすませば」で大成功を収めるが、その後しばらくして急逝。(1950~1198)
主な関連作品
「未来少年コナン」1978年/「赤毛のアン」1979年/「名探偵ホームズ」1982年/「リトルニモ」1984年/「火垂るの墓」1988年/「魔女の宅急便」1989年/「おもひでぽろぽろ」1991年/「紅の豚」1992年/「耳をすませば」1995年/「もののけ姫」1997年
展示会には多くのスケッチが飾られていますが、紙一面に書かれたスケッチから「紅の豚」を連想させてくれるような飛行機が飛んでいたり、ラピュタやナウシカを思わせるような幻想的な世界が広がっていたり、僕の思い描くジブリの絵って近藤喜文氏の絵だったんですよね。感動ッス。

「火垂るの墓」のキャラクターデザイン、「もののけ姫」の原画など盛りだくさんの展示会となっていますよ。

【涼みがてら楽しんでいただける福島ガイナックス】
連日の猛暑でお子さんを連れて行くにも30℃越えの猛暑日が続いています。
外遊びに不安がある時は、福島ガイナックスに遊びに行ってみるのオススメ致しますよー。
近藤喜文展も8月31日まで開催しています。
常設展では「天元突破グレンラガン」のセル画があったり、アニメが出来上がるまでの作業工程を見ることが出来たりと僕と同じ世代の方にはたまらない内容にもなっています。
今ですと、「耳をすませば」の名場面をお子さんや家族と一緒に楽しめちゃいます。
僕も息子と一緒に!!彼は寝てましたが(笑)

ご家族との思い出づくりに福島ガイナックスに訪れてみてはいかがでしょうか?

【会場】
空想とアートのミュージアム福島さくら遊学舎(福島ガイナックス内施設)

住所:福島県田村郡三春町鷹巣字瀬山213番地

入場料:一般1200円 中学生以下600円

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン動画あるよ!!

 

 

ライトなら光らせてみようインテリアpart2

今年は超猛暑らしいッス。石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【光らせてみようインテリア】
石が部屋の中でインテリアライトとしてあったら、なんか石って身近な存在!?って思ってもらえるかなーと続けているインテリアストーンライトシリーズ。
そして、今回も光らせてみましたよ。

こんな感じに写真も撮れちゃいます。部屋暗くして、好きな映画見たり、ちょっとしたbar気分を味わえる。ナイトキャップのお供に・・・。

このシリーズも飲食店のオーナーさんとお話させていただいていた際に、テーブルライトなんかあるとカッコいいよねって話が盛り上がったノリ(笑)で出来上がったライトなんですよね。
秘密の作戦会議みたいな「楽しさ」から生まれていく価値も新たな石の価値なんでしょうね。
「光らせてみよう」シリーズ、楽しみながら続けていきたいと思います。

(有)ミナト石材、墓石業にインテリストーンに色々やってます!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

Instagramやってます!!


真面目に石に向き合ってますYO!!

 

 

石を磨くこと=下地を均一に平らに仕上げることが大事。

今日は暑かった〜が最近の口癖の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石を磨く=平らにしていく】
まずはこちらの動画をどうぞ。

石を磨いていく工程をご紹介。

均一に石を平らに仕上げていかないと、よく見るピカピカな石に仕上がらないんです。
こんな感じの丸い面も均一にポリッシャーで磨いていくことでピカピカに仕上がっていきます。

そして、この石を作る時も大事になってくるのが下地なんス。磨きあがったのが結果で、工程をしっかり踏んでくることが大事なんス。

こんな感じに下地を作っていきます。

石を綺麗に研磨したり、研磨クリーニングしたりとピカピカに磨いていく作業は、実は一番最初の下地作りや工具の使い方・熟練度が大事になってくるように思います。
凸凹だと綺麗に仕上がらない。
均一な下地は仕上がりにも影響を与える。
研磨作業は均一な面を作り上げることから始まっていきます。
石屋さん、そんな感じで石磨いています。

(有)ミナト石材、墓石業にインテリアストーン事業。色々やってます。

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリストーン展示販売中!!

ライトなら光らせてみよう、インテリア。 #インテリアライト #石のインテリア #interior #interiorstone

湊純人さん(@isiyasumihito1204)がシェアした投稿 –

ライトなら光らせてみようインテリア。

ホトトギスをまじまじと見たことがない石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【光を入れることでライトとなる】
以前、ご納品させていただいたインテリアライトの切り込みのデザインが好きなんですよね~。
ご納品したライトはご自宅の玄関に飾っていただけているようで、喜んでいただけてなによりです。
こんなデザインのライトッス!!

そして、暗くしてみました(笑)


切り込みから照らされる光の感じはシャープな印象とスタイリッシュに。
そして暖かなオレンジの光は優しさを感じるような柔らかな光に。

石に光を取り込むことで、暖かな印象になるように感じます。石からライトへと変わる価値も新たな石の価値でしょうね。
この「光らせてみる」ブログシリーズはやってみたら楽しいんでインテリアライトシリーズでやっていきたいと思います(笑)

(有)ミナト石材墓石業にインテリアストーンに色々やってます!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリストーン展示販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン動画あるよ!!

 

 

 

 

 

コラボ企画も増えてきました。

コラボ好きな石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【色んなコラボ商品が生まれてきました】
インテリアストーン事業を通して、いろんな方と石の新たな価値を模索して製作してきました。
「石を楽しむ」、「石のある生活」のコンセプトのもとにいろいろ出来上がったもんです。
初めてのコラボは、本宮市の有名レストラン「はるかぜ」さんのマスターとの出会いから生まれた包丁スタンド。プロが使う道具に携われるって光栄なことです。押忍。

そして、次がいきなり大物噺家さんがきちゃいました!!
現在の落語家の第一線で活躍されています立川流真打立川こしら師匠とコラボもさせていただきました。
イングレスゲインストーン。
有名落語家さんとの素敵なコラボ企画をこんな田舎の石屋ですが携わらせていただいています(笑)
世界規模のスマホゲーム「イングレス」のマークを刻印したオリジナルゲインストーンです。

こしら師匠も石積みクリエイターなんです!!

そして、同じくゲインストーン、SNS若旦那でお馴染みの遠藤直人さんが経営されています山形県小野川温泉「鈴の宿登府屋旅館」さんにオリジナルの鈴のマークを刻印したゲインストーンを導入させていただきました。

宿泊者の方がトリックを決めると素敵なプレゼントもいただけちゃいます!!

在庫となっている石に「石のある生活」をコンセプトに新たな価値を与えたら、石って「身近」なものになっていってくれたら石工として嬉しいという想いで始めたインテリアストーン・ゲインストーンも大切な方への贈り物、誕生日のプレゼントとして製作させていただく機会にも恵まれたりと、少しずつですが知っていただける、購入していただけるようになってきました。更なる高みを目指して楽しみながら製作していきたいと思います。
石の新たな価値はまだまだこれから生まれていく!!

(有)ミナト石材、墓石業にインテリアストーンにいろいろやってます!!

噂の包丁立て、こちらから購入出来ますよ!!

和紙とのコラボライトなんかもあります。


 

本宮市駅前の大天狗酒造を訪ねる。

自称本宮紹介ブロガー(笑)の石屋の純人です。(@isiyasunihito)

【本宮市に駅近な酒造さんがあるんです】
酒造と聞くと山奥の山間部にあって~なんてイメージをお持ちの方がいることでしょう。
そんなことはない。駅近な酒造さんもあるんです。
本宮市駅前ロータリーから徒歩数分、そこに日本一駅近な老舗酒造さんが存在します。
その名は「大天狗酒造」!!
大天狗酒造さんの動画をお借りして、説明させていただくと、約1分で本宮駅前通りの駅ロータリーに来れちゃう。まさに駅前ッス。

創業は1872年(明治5)年、本宮の歴史・文化と共に年月を重ね、地域の皆さんに愛される本宮市唯一の酒蔵さんです。地元産の酒米と安達太良山から湧き出す清らかな水を使い、地元の材料にこだわった製法も魅力です。

【噂の卯酒を購入】
同じ本宮ブロガー仲間であり、若き杜氏として大天狗酒造の跡継ぎとして活躍されています小針沙織さんがプロデュースされている清酒「卯酒」を求めて僕もお邪魔させていただきました!!


女性の方や、これから日本酒を飲んでみたい男性の方でも日本酒の「入口」として楽しんでいただきたいという想いで作られているこの「卯酒」。
フルーツのような香りで、飲み口も柔らかでありながら、後味にキレがある深い味わい。
可愛らしいラベルデザインは大切な人への贈り物としても喜ばれるのではないでしょうか。
ほんで・・わまさに天狗!!天狗をなぞらえた陶器のボトルもあったりと落語「天狗裁き」を彷彿とさせる素敵なデザイン!!
贈り物で驚かせたいアナタはオススメです!!

そして、小針さんと記念に写真あざす!!
本宮SNS盛り上げていきましょー!!

現在、福島県では「ふくしま酒蔵めぐり」のスタンプラリーが開催中です。
大天狗酒造さんでも予約するとオリジナルの日本酒を造れる体験イベントが開催中とのことで思い出づくりに体験イベントに参加してみてはいかがでしょうか?

NHK「マッサン」でよく見たブレンド部屋で体験できるそうです!!

大天狗酒造ホームページはこちら。

大天狗公式ブログはこちら。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

モトミヤグラム始動中!!


オリジナルトリックを決めろ!!