インテリアストーンシリーズ「ナイトランプ」完成!!

昨日からちょっとお尻の筋が痛い石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

石って意外に身近な存在
僕たちの生活の中にはいろいろな石が存在しています。
まずは墓石。ご先祖様の供養と家族の歴史を語り継ぐ場所、子供への情操教育の場所でもあります。日本人特有の見えないモノへの美徳を感じる美しい精神世界の表れとも言えます。
そして、記念碑。歴史、文化を後世に伝えるためにその事象の起こった場所に建てられるものです。
他にも和風庭園を演出する大きな庭石、美味しい漬物を漬ける漬物石、駐車場に敷かれた砕石も石です。そう考えると意外に身近な存在ってことです。
そして、そんな石を「アナタの生活にある石」としてもっと身近に感じてもらえたら僕は嬉しい。石にもっと身近な存在としてアナタのライフスタイルを美しく彩る。新しい石の価値を創り出してあげたい。そんな想いでインテリアストーン作っています。

ニューシリーズ登場!!
無数の出窓から石に灯りがともることで、新しい生命の誕生を思わせるような、石に新たな価値が生まれるように感じる。
その光が、時には安らかな眠りをいざざう淡い光として・・・
時には力強さを感じるモダンなライトとして・・・
アナタのライフスタイルに「石のある生活」を組み込んでみてはいかがでしょうか。
img_20161123_1817581
インテリアストーンニューシリーズ「ナイトランプ」

どんな色のライトで照らしだすかはアナタが決める。アナタがお気に入りの光のスタイルを創り上げる。だって、楽しんで使ってもらえなければ意味がない。アナタが「石のある生活」を楽しんでもらえることが一番の価値なんだからね。
そして、アナタの大切なアノ人への新築祝い、結婚祝いの贈り物として想いを伝えるお手伝いが出来たら嬉しい。

そんな想いでインテリアストーン作ってまーす!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

お問い合わせはこちらから↓
インテリアストーンお問い合わせ

ゲインストーンエボリューションシリーズ!!

安心してください!!石屋やってます!!

 

楽しさを共有出来る時代。ゲインストーンも然り。

ゲインストーンプランナーの石屋の純人です。(@isiyasumihito)

imgp37041

ゲインストーン体験の声いただいてます!!
体験してもらえてこそ価値が高まってくる積み木ならぬ積み石「ゲインストーン」。多くの方に体験していただき、新たなトリックも続々と登場しています。先日も石積みクリエイターの太田雅子さん(@yoidoreahiru)からの本宮市の勢州屋さんに新たなる小さな石積みクリエイターが登場したとの報告が・・

遊び心に溢れた自由なトリックが完成しました。僕たちが想像もつかない発想でトリックを決めてくれる子供石積みクリエイター恐るべしです。この出来上がったトリックはFacebookページ「ゲインストーントリックマニュアル」にて公開中。アナタの積み上げたオリジナルトリックがゲインストーンの公式トリックとして認定されちゃうかもです。ちなみに先日の会津落語会にも新たな石積みクリエイターが登場していた!!

せっかくの体験、共有して楽しんでもらいたい
お店さんや会社さんに設置していただき、お客さんがチャレンジしたり、スタッフの方がトリックの精度を高めていたりと皆さんに楽しんでもらえるのが一番ですが、その楽しかった体験を共有してもらうのも「楽しんでもらう」って事だと思う。共有するために誰でもが出来るSNSってやつがここで活躍するわけです。Facebook、Twitter、Instagram、Youtubeなどを使えば写真、動画で楽しかったって体験を伝えることが可能な時代です。僕の作っている「ゲインストーントリックマニュアル」然り。共有するためにSNSを使って写真、動画で成功したトリックを投稿して、同じゲインストーン好きの人とつながってコミュニケーションを楽しめたら、もっと楽しいんじゃないでしょうか。楽しむ時に1人よりも多くの人と楽しめたほうがいいに決まってます。ゆるいサークル的な感じで付き合えたら肩肘を張らずに楽しめそうじゃないですか?実は意外に近くに石積みクリエイターの仲間がいるかも知れませんよ。せっかくの楽しい体験。みんなが同じ体験を共有することでもっとゲインストーンって「楽しいよね!!」ってつながった人たちに思ってもらえたら僕は嬉しい。

さあ、一緒に石積みクリエイターとしてゲインストーン体験してみませんか?

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

石積みクリエイターの証を手に入れよ!!

ゲインストーン 石積みクリエイターのあくなく挑戦がここに!!

 

 

 

僕の話を笑えるまくらにしてもらったら、それを発信しなきゃもったいない。

落語会グランドフィナーレに感動した石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

薪ストーブライフに言及!?
二本松いわしろ落語会開催にあたり、我が家の薪ストーブをこしら師匠にも体験していただこうとこんな写真を撮ったわけです。専用グローブを装着し、薪を抱える師匠。薪ストーブ業界からのモデルのオファーを期待。
imgp41081
そして、きっと体験することがあまりないであろう薪ストーブ薪入れ体験動画も撮るわけですよ。

薪ストーブの魅力を師匠に力説して知っていただいただろうと思っていると、案の定、こんなツイートを発見してしまうわけ・・・・・。


細かい住所は本宮市ですが、そんなのは気にしませんYO!!!ディスっていただきあざす‼そして、二本松いわしろ落語会、会津落語会を体験された方は知っているあの衝撃の薪ストーブいじりのまくら!!凄い爆笑を会場に生み出していました。これぞ主催者の醍醐味。でも、それを活かさない手はないわけですYO!!!

SNSでそのまくらで笑ってくれた人に向けて発信してあげる
落語会に参加してない人には分からなくなっちゃうけど、落語会に来てくれた人が思い出して軽く笑ってくれるようにFacebook、Twitterでディスられた内容の投稿を来てくれた人に向けて発信してあげる。


来てない人には薪ストーブライフあるあるだけど、来てくれた人には体験がよみがえり、クスッと笑ってもらえるかもだよね。こういう使い方が喜んでもらえる投稿につながってくるのかなと感じる。まくらでディスっていただいた内容はSNSで発信しちゃいましょう。ネタを提供して、ディスってもらってSNSの笑ってもらえるネタにする。活用させていただかない手はないんです!!さあ、ネタにしちゃってドンドン発信していきますよー(笑)

実はМな石屋の純人です。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

こんなん作ってますが実直に石に向かってますYO!!

こんな動画も作ってるYO!!

 

 

 

飲み会での高校野球時代の笑い話は頑張った証拠「美談」である。

守備位置はコンバートが続いた石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

野球部の仲間は飲み仲間
高校生の時、楽しかったっていう思い出はありますか?部活や修学旅行、たくさんあると思う。僕は高校時代、公式野球部に入部していてよく言う白球を追いかけた日々ってやつを過ごしていました。練習はつらかったけど、とても楽しい日々だったんじゃないかなと思います。今でもその頃のチームメイトと会ってたまにお酒を飲んだりしています。
今年の夏と去年の夏に集まったメンバーと共に
fb_img_14788535606821

fb_img_14788535815721こういう時に話す内容って、お互い大人になって、家族を持ってとか子供が生まれるとか現在の近況報告とかもあるけど、高校時代の野球部での試合の話とか失敗の話とかエピソードトークが、今となって笑い話になっている。楽しかったから笑い話になってるのもあるけれど、ただ前を向いてひたむきに頑張ってやってきたから笑い話という美談になったんじゃないかな。16年たった今でも僕たちに語り継がれる美談って考えてみると凄いですよ。普通なら「そんなことあった?」なんて言われちゃうかも知れないけれど、その瞬間を鮮明に覚えていて、だからこそ笑えてくる。笑い話に出来るくらいに失敗も経験も積み重ねていくって事を無意識に高校時代にやっていたのかなと振り返ると、まずはひたすらにバットを振っていた自分を思い出したので、難しいことは考えずに行動するって事が大事なんだろうなと思いました。毎年必ず再会する友人達との飲み会から学ばしてもらっているかもと気づいた気がします。

笑い話に出来るくらいに行動して、失敗も経験も積んで美談にしちゃいましょう!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

お祭りも楽しくやってます!!

 

 

地域と共に生きる

小型2級船舶免許を持つ石屋の湊純人です(@isiyasumihito)

本宮市消防団に入っています。
本宮市岩根地区に住居を構えたことを機に本宮市消防団に入団。現在は船舶部に属し、本宮市恒例訓練「和船船漕ぎ競争」に毎年参加しています。
14396987114451本宮市において和船の歴史は市内を流れる一級河川「阿武隈川」の恩恵と水害から身を守ってきた先人の遺産とも言えます。その歴史と伝統を引き継ぐのが自分たちなんだと船舶部長がおっしゃっていたのが記憶に残っています。消防団活動もその地域に住む人の絶対の義務ではないわけですが、地域と共に生きていくという観点から言えば、その地域に住む人達の助け合いで成り立っている組織なのです。

地域と共に生きる
本宮市に住居を構えると決めてから社長(親父)に言われてきたことが、「その地域に住むのであれば、その地域の活動に参加しろ。」ということでした。まさに郷に入っては郷に従えという言葉。その地域に根付くということは、僕たち家族が地域の方と共に生きていくということです。顔も名前も知らない人が引っ越してきて、特に地域に関わり合いのない生活を送ってしまうと地域との接点がなかなか見つけにくいもの。僕も地域の活動、消防団活動に参加させてもらうことでその地域、地域に住む人を知る接点となっているわけです。楽しい事も大変な事もあるわけですが、その地域と共に暮らしいくということはそこに暮らす人がその地域との接点を持ち、お互いが協力して共に暮らしていくということなのかなと思います。地域の付き合いとか苦手なんだよねって方もいると思います。参加するタイミングが・・・なんて人もいるでしょう。その地域の方と仲良しなれる、同じ地域の絆が出来る。そうい事でもある気がするんだよなあ。ちょっと勇気を出して、参加してみてはいかがでしょうか?あっ、消防団の勧誘じゃないッス(笑)

さあ、地域と共に生きる生活楽しみましょう!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!
Instagramやってます!!

本宮市消防団第8分団行きつけの本宮の「麺飯家龍門」さん