お客様との信頼関係からお墓は建てていただくもの。そして、石材店はお墓の守り人なんです。

お客様のご自宅のウーパールーパーのサイズが30㎝超えで驚く石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【お墓を建てる意味】
(有)ミナト石材の考え方としてお墓を建てる意味があります。
①お亡くなりになった故人への想いを込めて故人の生きた証を残しておくため。
②残されたご家族の心の拠りどころとして、ご先祖様と報告、連絡、相談をしていただける場所として。
③自家のルーツを後世に伝えていく場所、「ご先祖様が見ているから悪い事はしちゃだめだよ。」と子供達への情操教育の場所として。
総括していくと、お墓づくりは故人への想いや、これから故人を忘れず生活していくご家族の為でもあり、「ご家族のしあわせづくり」とも言えるんです。
このような考え方のもとにお墓を建てていただけるようにお話しし、考えをお伝えしていくのも石材店の務めだと思っています。

【図面はお客様とのヒアリング、現地調査をして提案していくもの】
お客様とお話をしていて、ヒアリングをさせていただいて、現地調査に立ち会っていただいたりと僕自身、図面を作成するまで時間がかりますが、現地調査に立ち会っていただければ、こうしたほうが良いですよとか、石工目線からの提案や説明も出来るんです。
その墓地に合った提案や使いやすさって実際にその予定墓地で説明しないとお客さんに伝えるのって難しいと思ってます。
そして、図面に分かりやすく補足の説明や、現況を書いてあげたりとその図面を見るお客さんを思って作っていくもの。
そんな記事も以前、アメブロで書いていたのでご紹介↓
石一段目のブログ記事「図面に書いてます」
たまに図面だけを作って届けて、訪問を繰り返す石屋の営業の方がいらっしゃっいますが、先に書いた誰の為に建てる意味に沿っていないように感じてしまいます。その図面で、「石もインドとポルトガル産で大きくも小さくも出来ますよ!!」っ会って間もない人に迫られたら怖いッス。僕だったら。

【石材店はお墓の守り人】
墓石業は僕たち石材店とお客様との信頼関係からご用命いただき、安い買い物ではないお墓を建てていただく心の福祉産業です。安心してお墓参りに行っていただけるお墓を提供し、お墓の守り人ととしてお客様と一生のお付き合いをさせていただくのが(有)ミナト石材のお仕事です。
地域の皆さんのご先祖様を大切にしたいという想いを大事にしていきたいとおもいます。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

落語THEMOVIEを入口にして落語会に行ってみませんか。

超入門!落語 THE MOVIEにハマる石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

超入門!落語 THE MOVIEとは
落語というと「長い」「単調」「難しい」といわれがちな落語に演者さんの「アテブリ芝居」をかぶせて、落語家さんがしゃべっている音声のまま、その場面を映像化していく新しいジャンルのエンターテインメント。
NHK水曜 午後10時50分~午後11時15分

落語を初めて聴くという方にも映像が流れることでイメージがつきやすいし、ネタのあらすじをつかむことが出来ます。実際の寄席では、もうちょっと長く噺が続いたりもします。落語を聴く門戸が広まったように感じます。聴くきっかけがなければ、始まりませんからね。

聴き慣れたらライブの落語を体験
映像で落語を聴き慣れたら、ライブで落語を聴ける場「寄席」に行ってみると良いでしょう。TV、Youtubeで聴き慣れることは入口としてはベストですが、映像と音声のみという情報量しかないわけです。
ライブの落語では噺家さんの息遣いやスピード感、臨場感、迫力のある登場人物たちを演じ切る巧みな話術は画面の前では体感出来ないリアルの熱量を感じることが出来るんです。本当にライブの落語という場の情報量は本当に多い。だからこそ「落語」という文化が活き続けているんだと思います。ものは試しに寄席の場に行ってみてはいかがでしょうか。

東京まで行かなきゃいけないの?
じゃあ、寄席に行ってみよう!!
でも東京に行かないと聴けないよね・・・・・・?

【安心してください!!やってますから!!】
東京で寄席に行って僕だけが楽しんじゃうよりも、噺家さんに来ていただいて落語を楽しんじゃおうと始まった企画。好きな落語家さんに来ていただいて地域の皆さん、僕の好きな人たちに楽しんでいただこうと福島県二本松市を中心に寄席を開催しています。
来ていただける落語家さんは勿論・・・・・・・
立川流真打「立川こしら」師匠。東京を中心に全国各地で落語会を開催し、古典落語を現代の若者が共感できるような新しい切り口で創りあげている人気落語家さん。オーストラリア・スペインと海外公演も開催する落語会のファンタジスタが東北の冬を熱くしにやってきます!!

2月3日「節分の日」を熱くしに二本松市に~!!
「第3回立川こしら二本松いわしろ落語会」Facebookイベントページ↓
第3回立川こしら二本松いわしろ落語会イベントページ

%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%89%ef%bc%91

img_0164

「二本松じゃないッス」ってアナタもご安心ください!!
福島県会津若松にて!!
第5回立川こしら会津落語会

山形県小野川温泉「鈴の宿 登府屋旅館」にて!!
第7丁 寄席どうふ

(有)ミナト石材最新情報日々更新中!!

インスタグラムやってます!!


 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます!!今年も行動していきます!!

初めてゆっくり正月を過ごす石屋の純人です。
(@isiyasumihito)
kimg25131
2017年も幕を開け、新しい1年の幕開けですね。僕もお正月を家族3人ゆっくりと我が家で過ごさせていただいています。

今年は酉年、飛躍の年を目指す!!
去年は本当に「生まれる年」だったとも言えます。新しい石のインテリアオーダー品を作ったり、落語会の主催者となって活動したり、長男が誕生したりと、本当に「生まれる」を実感した年でもありました。
今年はその「生まれた」年から「進化(飛躍)」の年だと考えています。墓石業界全体が低迷しているから、新しい他がやってない行動を控えようなんて考えはきっと現状維持、いや後退していくと同じことだと思っています。受け継がれてきたことを守っていくことは、その時代にあった流れの形でしっかりと継続していくことだとも言えます。それが従来の常識でないものだとしても。居酒屋さんでよく見かける「こだわりの〇〇」ってメニュー、今の時代「こだわり」という言葉が定着していて、こだわっているのが当たり前になってしまった時代。ちょっと前までのチェーン店と個人店さんの差がなくなってきているんだと思います。それだけ「こだわり」が溢れているんです。その状況で同じ土俵で戦えば、資本の多いほうが勝ってしまうわけです。その土俵で勝つことよりもオンリーワンとして選んでいただける新しい行動、新しい価値を積み重ねていくことも大事になっていくんでしょうね。それは墓石業界、石材業界も同じだと考えています。だからこそ行動と発信が大事になってくるんだと思います。よくサッカーで言う攻撃が最大の防御ってやつでしょうかね。僕自身、ミナト石材の石工としていろいろチャレンジさせてもらえる環境にいるからこそ、しっかりと前進出来るよう行動をしていきたいと思います。ただの石屋の弟では楽しくないでしょうからね(笑)
まずは楽しみながら墓石業にインテリアストーン、子育てに二本松いわしろ落語会の開催と行動することを続けていきたいと思います!!
そして、行動からまた新しい何か、新しい価値が生まれたら嬉しいッス!!
今年もどうぞ宜しくお願い致します!!
そして、皆さんに溢れんばかりの幸福が訪れることをお祈り申し上げ2017年1発目のブログとさせていただきます。

さあ、今年も楽しんでいきますYO!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Creemaにてインテリアストーン販売中!!
img_20161123_1817581

ゲインストーン体感せよ!!

パパっ子にするぞ大作戦、始動中!!

朝からオムツ交換が日課の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

imgp42851

プロジェクトが始動中
我が子との生活が始まり、沐浴、オムツ交換、寝かしつけの抱っこと初めてづくしの毎日を過ごしています。親になってみないとと分からないこと、子供から教えられることがたくさんあると両親に言われてきたので、これから家族3人の生活を通して、いろんな気付きがあるんだろうなとドキドキしながら、まずは子育てを楽しみたいと思います。
そして、同時進行で湊家流育児プロジェクトがリアルの育児生活とインスタグラムとツイッターを介して始動中!!

その名は「パパっ子にするぞ大作戦」!!

 

抱っこが毎日の日課。 パパっ子への階段を一段くらい昇る。 #パパっ子にするぞ大作戦

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –


僕の顔を見る沐浴中の息子の顔がひきつっていますが・・・・・(笑)
初めては誰でも緊張と苦労がつきもので、経験を重ねることで上達するわけです。それは世話する僕も世話される息子も同じでこれから楽しい事もつらい事も経験を重ねて成長していくのかなって思います。親子でまだまだ新米パパと新米ベビーなので、奥さんの助言をもらいながら僕たちはお互いに認め合えるパパっ子とパパっ子のパパを目指していきたいと思います。そして、同じ境遇にいるパパママ達とつながって、楽しくコミュニケーションが取れたら、育児もSNSも楽しく出来ちゃうかもしれないよね。
SNSが普及して誰とでも気軽にコミュニケーションを楽しめる時代。
ちょっと前はアルバムに現像した写真を貼って見て楽しむのが当たり前でしたが、インスタグラムで写真を投稿して、#(ハッシュタグ)をつけてアルバムとして使うと、つながっている友達や遠くに住む親にも子供の成長を楽しみながら見てもらえたりするんじゃないかな。これも楽しい使い方なのかなって思います。なので僕は「パパっ子大作戦」を通して楽しみながら使い倒したいと思います。

目指すぞ!!パパっ子!!

あっ、「育メン」は周りから言われる呼ばれ方で、自分から言ってはいけないそうなので「育メン」とは言わないようにします(笑)

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

本宮市荒井、熱海街道沿いのローソンのとなりの龍門で石焼き料理はいかが?

 

 

今年2回開催した落語会から思う。

息子の沐浴がぎこちない石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

まずは、今年の夏から秋にかけて2回開催した「立川こしら二本松いわしろ落語会」に参加、協力していただきました皆様、本当にありがとうございました。そして、いろんな無茶ブリも聞いていただきながらライブの落語の魅力を体感させていただいた立川流真打「立川こしら師匠」に心から感謝を申し上げます。
imgp41711
やりたいからやってみようという軽いノリが、落語という文化が身近とは言えないだろう地域であっても、物は試しにと来てくれた方が「落語って楽しいね」とか、「チケットまた売りつけに来てください。」、「また開催してください!!」と楽しんでくれて、その後に落語会の楽しかった話をしたりして仲良くなれるきっかけになって本当に良かった。自分が楽しいと思う事を自分だけじゃもったいないからみんなで楽しんじゃおうって行動、イベントを開催することは新しい何かを始める時に大事だなって感じました。ムズカシイ顔して意見出し合うことも大事だけど、楽しい会話の中から生まれる気付きとか閃きが新しい行動、更なる楽しみに結びついてくるのかもしれません。
そして、「落語=東京に聴きに行くもの」を地域でも落語家さんを呼んで寄席を出来るって既成事実を築きあげられたと思います。僕は「お寺」での落語会でしたが、ほかにも「古民家」「旅館」「美容室」とその地域に根付く場所が寄席の会場となる。当たり前のボーダーラインが分からなくなってきたこの時代、落語会の主催者をしている石屋の変な弟がいてもおかしくないし、むしろ変化を恐れてしまって行動しなければ何も始まらないのかも知れません。やろうと思っているのはやっていないのと同じなんです。とにかく行動してこそ始まるんです。その行動したきっかけで落語会主催者となったり、ゲインストーンプランナーになったりしているわけです。
この落語会開催を通して思うことは、来てくれた皆さんが楽しんでくれたこが本当にうれしかったことと、行動することで去年の僕が予想もしなかった未来がやってくるという事です。

そして、来年もやっちゃいますよ!!↓

節分だよ!!第3回立川こしら二本松いわしろ落語会
%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%89%ef%bc%91

節分の落語会楽しみたい方はFacebookイベントページから参加表明よろしくー!!!!!

さあ、来年も落語会やりますよー!!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

落語会やりながら師匠に協力してもらい、食レポ動画つくってます。

 

 

 

行動が生むつながり

我が子の退院にホッと一安心の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

行動が生むつながり
僕が落語会主催者として落語会を開催し、カツ丼動画食レポや地域の方と楽しくライブの落語会を堪能している行動ってとにもかくにも楽しいから開催・実行しているわけです。石屋さんがお寺や地域の施設で落語会を定期的に開催ってある意味異端の存在かも知れませんが・・・(笑)でも来てくれた方は「楽しかった!!」、「次も行きます!!」って言ってくれる人が笑顔になってくれたら意義があるよね。そして、そこでつながった皆さんが新しい気付きや、落語って楽しいなとか、こんな変な石屋の弟さんもいるんだなってきっかけづくりになってくれたらなにより。本業の石材業のお仕事のご紹介もいただいたりと予想だにしない行動の結果も去年の僕からは本当に考えられなかった。行動することで何かが始まる。行動することでいろんなつながりが生まれる。来年もたくさんのつながりが出来たら嬉しい。そして年末~来年と行動していきたいと思います。
imgp41711

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

小浜の紋付祭り。 夜の部 連合提灯祭り 同級生集結

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –

 

引き継がれていく命

久しぶりのブログ更新の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

生まれてきてくれてありがとう
平成28年12月4日午前4時36分、僕と奥さんのもとに3160gの元気な男の子が新しい家族の仲間入りをしました。img_20161207_1157391
元気に産んでくれた奥さんに本当に感謝しています。奥さんの顔は母親の優しさと我が子への愛情に溢れた「お母さん」の顔になっていて、僕もしっかりサポートして育児に取り組んでいきたいと思います。

引き継がれていく命
我が子が生まれてきた時、心から僕と奥さん、それぞれの両親に生んでくれてありがとうという気持ちが溢れてきました。そして、ご先祖様に感謝と元気であることを伝えたいという気持ちになりました。落ち着いてきたら両家の墓前に誕生の報告と我が子の紹介にお墓参りに行きたいと思います。
僕と奥さんが出会い、結婚して子供を授かったのには、生んでくれた両親がいて、その両親には生んでくれた祖父母がいて、その祖父母を生んでくれた・・・と自家の歴史があるわけです。今、自分が生きているのはご先祖様がいてくれたおかげ、子供を授かり親になったのもご先祖様から脈々と命が引き継がれてきてくれたからこそだと思います。そして新たに生まれた命を大切に引き継いでいくのも命を引き継がれた僕たちの大事な役割なのではないでしょうか。見えないモノに美徳を感じる日本人の精神文化や昔から続く慣習というものは引き継がれていくことで伝えられているものです。それは、親が子に伝えていく事と同じだと思うので、これから育児を通していろんな事を伝えていきたいと思います。そして、楽しみたいと思います。

さあ、育メン目指して頑張ります!!

あっ、育メンは誰かから言われるもので自分で「オレって育メンだよね!!」って言っちゃいけないそうです(笑) 

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

楽しんでもらえるきっかけとなったら嬉しい。落語会と食レポ

落語会開催に緊張する石屋の純人です。(@isiyasumihito)

落語会と一緒に楽しみたい
今週11月10日より始まる立川こしら師匠の東北ツアー。二本松いわしろ落語会も13日(日)、二本松市小浜西念寺本堂にて第2回目の開催を迎えることとなります。落語会を開催するにあたり、一緒に楽しい事が出来ないかと思ってました。僕もアドバイスをいただいている東北の落語会のプロデューサー(僕の中では)の小野川温泉鈴の宿登府屋旅館の若旦那遠藤直人さん(@Naaot)がYoutubeにアップした動画が凄かった!!ご紹介↓

そして、僕もこんな動画を作って自分の好きな事や美味しいものを紹介したいと師匠にお願いして動画を作っちゃいました。
僕の生まれ育った地のソウルフードをこしら師匠にレポートしてもらう!!

この動画をきっかけにこの食堂の息子が食堂のメニューをFacebookで紹介をはじめたようで、何かが生まれるきっかけになったようです(笑)

1つのきっかけになったら嬉しい
落語会を開催することも、落語って意外に身近で面白くて、若者が楽しめる娯楽なんですよと来てくれた方が好きになるきっかけとなったら嬉しい。僕が落語会の主催者になるなんて1年半前の僕からは想像もつかなかった。でもやってみると凄い楽しいし、人とのつながりが出来て、とりあえず行動してみようという1つのきっかけが誰かが楽しんでくれる喜んでくれるきっかけづくりになってくれていたら嬉しいという願いのもとに続いています。
第1回目の様子。ライブの落語会ならではの記念撮影も出来ちゃいます。イケメン落語家立川こしら師匠とのアナタだけの思い出が出来ちゃいます。
img_20160805_1134251
そして、僕の好きな事や好きな食べ物を紹介して、楽しんでもらえたり食べに行ってもらえたりしたら嬉しい。そんなきっかけになれば幸いと、またやっちゃいます!!場所は二本松市じゃないけど、今回は郡山市喜久田の「ぜん」さんをご紹介。マスターの瀧田 浩さんも立川流落語の大ファンで、楽しい時間が過ごせそうな予感がします。蔵を改装した内装はとても素敵で美味しいランチ、夜は美味しいお酒とおつまみを出していただけるお店さんなんです!!すごく美味しい料理がたくさんでお邪魔するたびにお腹いっぱいで帰ってきます。ちなみにランチタイムに撮影予定。素敵な動画が撮れるといいなー!!13日以降のこしら師匠の食レポ動画をお楽しみに~ってネタバレやん!!(笑)まあいいか!!(笑)13日のランチタイム時、郡山市喜久田の「ぜん」に立川流真打が舞い降りる!!

そして、二本松いわしろ落語会に参加したい方はFacebookイベントページから参加表明も出来ちゃいます!!
第2回立川こしら二本松いわしろ落語会Facebookページ

さあ、もうすぐ開催の落語会、ライブの落語も食レポも楽しみたいと思います!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

 

 

 

 

SNSは「つもり」でも楽しんだもん勝ちかもね

慣れ親しんだアメブロから卒業を決めた石屋の湊純人です。@isiyasumihito

アメーバブログから、ワードプレスブログへとステージを変えてブログというツールを活用していくことを決意、スマホでの寝ころびながらのブログ更新にサヨナラを告げ(笑)、デスクにシャキッと座り、今もPCに向かい、悪戦苦闘している最中での初めての更新となります。あのダラダラ感でブログを更新していた頃が懐かしく感じる・・・・。
 落語でいえば「だくだく」だった!!
初めて参加させていただいた出張フロリダ族SNS教習所in福島自分なりにFacebook、twitter、Instagramなどに投稿していた、勉強して投稿していたつもりだったけれど、アメブロ自動リンクの盲点、漠然と分かった風に使っていただけなんだと痛感、それは「つもり」であって実践していないってことがよく理解しました。落語でいえば、まさに「だくだく」です。

「だくだく」とは・・・・
ある家に引っ越してきた男。金がないので家具が買えない。そこで知り合いの絵描きに家の家具を描いてもらう。机、桐の箪笥、金庫、そして金庫からはみ出す札束。「つもり」生活の極めとも言いましょうか。そして、そこに目の悪い泥棒が入り泥棒も意地になり盗んだつもりになる。お互い一歩も譲らない「つもり」合戦!!ムチャクチャな2人の掛け合いだけど楽しんじゃってるとしか考えられないわけです。

「つもり」から脱却しなきゃ!!
「つもり」から脱却するって大変そうに思っちゃいます。相手の事をしっかり考えてとか、自分が自分を発信するんじゃなくて、発信してもらえるような投稿をしなきゃって意気込んじゃうとなかなか手が出せなくなってくる。そんな時にセミナーに誘ってもらった酒のしのぶや佐藤浩一さん(saketen51)のブログを見ていて、SNSは遊び道具であって使い倒して、いじり倒して楽しんだもん勝ちじゃないかなって言葉にすごく共感しました。深く考えて距離を遠ざけちゃうよりもどんどん使って楽しんじゃえばいいのかもしれない。「つもり」脱却じゃなくて、「つもり」でもいいから、まずは楽しめばいいじゃんって感覚でいつの間にか脱却~!!くらいに遊びの延長みたいな感じでいいんだよねと気持ちが楽になりました。頑張るんじゃなくて、楽しむってことなのかも。その時の佐藤さんのブログを貼っておきます。↓
佐藤浩一さんブログ

参加したしたメンバー、講師、サポートの皆さんで記念撮影。
fb_img_14777374694491

講師の勝村大輔さん、あざす!!
そして、講師を務めていただきました勝村大輔さん(かっちゃん)(gunners5050)が終始セミナー中に楽しんでいたのが印象的。結婚記念日のパスタいじりが最高だったわー!!
SNSは楽しむもん。まずは高校生のように純粋に友達と楽しんでいたように楽しもう!!あっ、高校時代を思い出したら野球部のあのキツイ練習を思い出すわー。

kimg23091

さあ、自分のペースで頑張っていくよー!!

ミナト石材最新情報日々更新

Instagramやってます