その地域で生きていくということ

本宮市在住の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【その地域で生きていくということ】
実はもう5年です。
本宮市岩根に住宅を構えて生活をしていてその地域と共に人は生活をしていくものだと思っています。地域の団体に参加して協力させていただくことであったり、PTAなどの団体にもこれから自分の息子が幼稚園、小学校にあがっていくことで関わっていくんだと思います。
その地域には住んでいるけれど、我関せずという考え方の方もいらっしゃるかも知れません。でも僕は出来るだけ地域団体などには参加とか協力はしたほうがいいとは思っています。やりすぎはいけませんが・・・・・。
僕を例にすると。地域の方が子供の誕生を喜んでくれて、顔を見に来ていただいたりしています。そして、隣町の方からも「おめでとう。」と声をかけていただいたりしています。顔と名前を憶えていただけるだけでも地域団体、行事に参加する意義はあるのではないでしょうか。
そして、これからこの地域で僕たちの子供が遊んでいても地域の方が見守っていただける。僕も同じように見守っていく。同じ地区に住んでいても交流がない人だとなかなか声がかけずらいものです。住んでいる人がどういう人か分からないって東京のアパートやマンションでは当たり前ですが、地域の住宅を持つ親の観点から考えるとかなり怖いッス(笑)
その地域と交流することで、自分たち家族にとっても近隣の方と助け合いが出来たり、楽しい交流が出来るんじゃないかと思います。
地域が人を成長させ、地域が子供を育んでいく。
まさに言葉の通りなのではないでしょうか。自分たちだけが良ければいいという家族よりも地域と協力させていただく生活をしていくことで、多くの良識や経験を積んでいける。子供たちにとってのひとつの情操教育の場ともなっていくものです。
その地域で生きていくという事は、地域と協力し共に歩んでいくことで自分たち家族の成長、子供たちの成長をしていくための欠かせない日本人が持つ心の豊かさを高めていくことなのかも知れませんね。
この機会に地域との付き合い方、自分が現在、地域との距離感とかあり方、どういう状況考えてみてはいかがでしょうか?

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

本宮市のグルメ食レポたまにやってます!!

 

nbsp;

石と共にある生活に価値が生まれてくれたら嬉しい

インテリアの石も作っている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【石屋なんでインテリアも石でつくりますよ】
ブログのタイトル写真にも使っている写真は僕が作っているインテリアストーンの実例の一部なんですが、新築祝いの贈り物や誕生日プレゼント、面白い試みに楽しみながらオーダーをいただいたりしています。

酒屋さんや本宮の有名シェフの方とコラボをさせていただいたり、ゲインストーンエボリューションシリーズには立川こしら師匠とタッグを組ませていただいた「イングレスゲインストーン」もあるんです。

そして、メルカリにて絶賛販売中なんです!!
メルカリ:イングレス仕様ゲインストーン販売
そして、今日はこんな投稿も・・・・

落語会でお世話になっている西念寺様もインテリアストーンを気に入っていただき靴べらスタンドや、インテリアストーンライトシリーズをご納品させていただいています。
そして、この靴べらスタンド・・・本宮市内のお客様のご自宅玄関や本宮市東町にあります本宮幼稚園本宮教会様にも置いていただいており、石が身近にある生活を楽しんでいただいています。

【石に新たな価値を】
例えばウイスキー・・・・・。
ウイスキーって色んなチャレンジがされているお酒です。
樽をバーボンを熟成させた樽で寝かせたり、ワインを熟成させた樽で寝かせたり、色んな挑戦がされている。8年熟成から30年なんてものも・・・・。そして、新たな価値が生まれ続けているお酒だと思っています。
石だって同じこと。ゲインストーンや車輪止めを作ったり、インテリアを作ったりと自由に挑戦をしていいはず。

同業者の方から「よくやるよね。」って言われるくらいに独自の新しい価値を発信していくことも自由にしていいんだと思います。
会う人に「ゲインストーンって・・・」って聞かれることが増えてきたりもしたりと(笑)
たまには楽しくお客様と笑いながら打ち合わせして笑えちゃう石製品をお届けすることも価値だって思いますから。そんなユルい感じで僕のインテリアストーンも(有)ミナト石材のお仕事として認めていただけたらありがたいッス!!押忍!!

(有)ミナト石材インテリアストーンページもあります!!

ハンドメイドサイト「Creema]にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

福島県で立川こしら師匠がカツ丼を食らう

 

 

 

石屋さんのリピーターも・・・一緒に何度も楽しむ、楽しんでいただけるリピーターでいいんでないすか?

とある落語家さんが二本松岳音泉に来るそうで3月が楽しみな石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石材業においてリピーターって?】
石材業において「リピーターとは?」と考えてみると戒名彫刻の追加彫刻、墓地の清掃や十数年前にお墓を建てていただき、既存のお墓を草が生えないように周りの石(外柵)を新築したりといったところ。既存のお客様からご紹介をいただくことも一つのリピートかも知れません。
きっと石屋さんの中にはリピーターという考え方は皆無という考え方の方もいらっしゃるかも知れません。

【一緒に楽しむリピーターでもいいんでないすか】
僕が好きで開催させてもらっている「二本松いわしろ落語会」も過去3回毎回かかさず来ていただける方、2回目の方、たくさんいらっしゃいます。一般のお客さんは勿論、当社のお客さんも勢州屋のお客さんも落語を楽しみに来ていただいています。これってまさにリピーターですよね。
そして、来ていただいた方に楽しんでいただけるようにオリジナルグッズとかも開発しちゃったりね(笑)
せっかくの節分だから「節分豆!!」と「缶バッチ!!」とかね。豆の梱包は夫婦の共同作業でした(爆)


そして、僕の打ち合わせさせていただいているお客様もお話させていただいたら、落語がお好きで次回開催を楽しみにしていただております。石材業をしている身分として、お客様に喜んでいただくという事は「良いお墓をお届けする」や「安心してお墓参りに行っていただく」といった事のみを考えてきたところがありましたが、当社を選んでいただいたお客様と一緒に「楽しい」をリピートしていける関係性になれたら嬉しいし、3回開催の落語会を通して、そんな関係性に向けて前進してきたんじゃないかななんて思います。まあ、まだまだ始まったばかりのイベントです。これから開催を続けていく度に、いろんな楽しいや気付きがあったら嬉しい。押忍。

福島民報にも落語会記事を掲載していただきました。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイドサイトCreemaにてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン石積みクリエイターの挑戦は続く!!

インテリアストーン事業も内容の濃い1年でした。

年末は我が家の大掃除の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

1年を振り返るといろいろありました
新しいなにかを始めるためには、行動することでしか何も変わらないという事を痛感した1年。いつも通りに1年が始まり、ただいつも通りに過ごしていくのか、いつもと違う行動をして新しい仕事、イベントを展開していくかは自分の行動次第ということを学んだ1年でした。

インテリアストーンも増えました
新しい石の価値を生み出したという思いから「靴べらスタンド」から始まったインテリアストーンもラインナップが続々と増えてきました。まだまだですが、オーダーをいただけるようになり、オーダー品1つ1つ、僕が誠心誠意作らさせていただいています。
img_20161028_1643371
このインテリアストーンプロジェクトもまだまだ始まったばかりの歩みです。ご先祖様が必死に守ってきた墓石業の会社。僕に出来ることは新しい世の中であっても石は身近な存在であって、石を通してのしあわせづくりを提案したり、大切な人に喜んでもらえることを目指して行動していくことだと思っています。墓石もインテリアストーンも大切な人のためにつくられていくものなんです。そして、成長した息子に「父ちゃんは石屋さんなんだぞ。」って胸をはって自慢してもらえるような石屋さんであれたらいいっすね(笑)
新しい事業として自分なりに行動してチャレンジして、来年も新しい楽しい事が出来たら嬉しいです。

ゲインストーンには色んな展開がありました
「積み木ならぬ積み石・ゲインストーン」も今年の夏に正式に販売となりました。春頃からいろんな方々に体験していただき、立川流真打立川こしら師匠とのコラボ商品がきっかけで楽しい展開になりました。
そして、誕生した「ゲインストーンエボリューション」
imgp40481

各種イベントやお店に導入していただき、来店された方やお子さんが楽しみながら積んでいただいたり。僕と一緒にゲインストーンを普及・販売していただける全国の石屋さんが登場したりと出来そうで出来ないトリックに悪戦苦闘していただいていました。
そして、動画もいろいろ出来ちゃうわけです。

まずはゲインストーン登場!!

立川流真打立川こしら師匠 ゲインストーンに挑戦!!

ゲインストーン石積みクリエイターは不可能を可能にする!!

若き石積みクリエイターが挑戦!!

行動することで始まること、広がっていくことを実感します。

image
そして、このゲインストーンをはじめ、一部のインテリアストーンがハンドメイド通販サイト「Creema」で販売中!!

[Creema]インテリアストーン販売

石に関するお問い合わせ・インテリアストーンのオーダーは

(有)ミナト石材 お問い合わせページ

さあ、来年も墓石業にインテリアストーンに子育てに、いろいろ楽しみながら頑張っていきたいと思います。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

 

 

 

 

創り上げる工程も動画で伝えられたら伝わるかも

年賀状を書き終えた石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

創り上げる工程も知ると楽しい
2,3年前までフジテレビで放送されていた「リアルスコープ」という番組が好きでした。いろんなあるモノを作る工場に潜入し、そのあるモノが出来上がるまでの工程を紹介してくれる番組でした。
毎回、思ったのが「こう作るんだ!!スゲー!!!」ってことです。モノづくりに関わっているからとか関係なくして作り方の分からないモノが機械、技術で仕上がっていくというのは知らないことを知るという探究心をくすぐるものでは・・・・・
その作り方が分からないのは石材加工も同じことだと思います。石を切る機械、石を磨く機械、石を手で磨くポリッシャーという道具、意外に知られていないことが多いから話をすると驚かれることがあります。その知らない機械や技術を使って、こんな石が出来ます。
「インテリアストーン フラワーベース」
img_20160817_2253591

お洒落に花を飾る石を造ることも石工の修業 #石工#石工職人 #インテリアストーン #interiorstone

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –

そして、この形になるまでの工程も動画でご紹介!!リアルスコープ的に言うとここから潜入VTR的な~~~~!!!(笑)

動画に出てくるポリッシャーはこれです。砥石で石をピカピカに磨いていきます。イギリスの諜報員が持ってそうな武器のようにも見えなくない。気分は石屋のジェームスボンドっす!!決め台詞は「ボンドマティーニ、シェイクでー!!」
kimg07871
ちょっと脱線しましたが・・・・この石を作るためには石をオフカットという機械で切削して、手動研磨機で石をピカピカに研磨をして、ポリッシャーという道具で丸い面、斜めの面を磨いて仕上げていくという工程を経て出来上がるんです。そして、落語会や各種イベントで展示させていただいたり、結婚式の思い出のブーケを飾るインテリアとして見て触って楽しんでいただいているわけです。そして、動画の最後にもインテリア製品をご紹介もしていますが、大切な人へのオーダーメイドの贈り物、オンリーワンの贈り物として一つ一つ僕が作っています。「こういう石って出来ないかな?」というご依頼もいただくこともありますので、遊び心を忘れずに実直に石に向き合ってこれからもご用命に答えられるようにしていきたいと思います。
そして、ミナト石材ホームページには「インテリアストーン」のページが存在しているんです!!

(有)ミナト石材 インテリアストーン ゲインストーン
インテリアストーンのお問い合わせ、製作依頼もホームページまたは、僕のFacebookページにメッセンジャーでご連絡いただければと思います。

湊 純人Facebookページ

インテリアストーンも楽しんで作っていきまーす!!

 

 

思い出はインテリアとして飾ってあげよう。

ウニのクリームパスタが好きな石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

思い出はインテリアとなる
夫婦、家族の思い出ってたくさんありますよね。結婚式であったり、子供の誕生、成長であったり、人の数だけ思い出はあるもの。その思い出を象徴するものも同じくたくさんあるわけです。例えば、この「ブーケ」。式場からプラスチックケースで渡され・・・気が付けば押入れの中になんて事もあるか知れません。でも、大事な思い出をインテリアにしてあげれば、いつまでもあの頃の気持ちを忘れられずにいられるかも。img_20160817_2253591大切な思い出をインテリアにするオンリーワンの石をお届けするお手伝いが出来たら嬉しいよね。この石が出来るまでの加工の様子も動画になっているのでどうぞ。

思い出を死守せよ!!
楽しい旅行や友人と語り合い、思い出のボトルをいくつも持っている方もいることかと思います。そして、思い出のボトルを単なる空き瓶と勘違いされてしまい資源ゴミの日に捨てられてしまったなんてこともありませんか。アナタが持つ思い出・・新築祝いでいただいた大切な思い出、旅先での楽しい思い出、ボトルの数だけ親友と語り合った夜を思い出すアナタの心の羅針盤なんです。その思い出を守れるのはアナタしかいない。だったらインテリアにしちゃえばいいんです。

img_20161027_1456091

img_20160602_2033241
思い出を守れるのはアナタ!!思い出を死守せよ!!

インテリアストーンを通して、大切なアナタの思い出とアナタの大切な人を笑顔に出来る素敵なインテリアづくりのお手伝いが出来たら僕は嬉しい。そして、石を楽しんでほしい。まだまだインテリアストーンプロジェクト始まったばかりです。もっと石を身近に感じてもらえるような新しい石の価値を楽しみながら考えていきたいと思います。

さあ、インテリアストーンプロジェクト楽しみます!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

本宮市荒井の麺飯家龍門さんのあつあつ石焼きマーボー丼、オススメですよ。

 

石の炉台と炉壁の話。そして、これから薪ストーブ検討される方へ

薪ストーブシーズンが到来し火を見ながらの生活を送る石屋の湊純人です。isiyasumihito

fb_img_14466348046181

シーズンを問わない炉台・炉壁を目指して
4年前、我が家を建てようと決意し見学したファイヤーライフ郡山で薪ストーブの魅力の虜となり、バーモントキャティング社の薪ストーブ「Encore(アンコール)」を購入。煙突、本体設置工事はファイヤーライフ郡山さんが行うが、せっかくの我が家は本業の石を活かした炉台・炉壁を造りたいと奮起。そして、設計から施工まで石工職人として一貫し工事。石の重さも考慮し、下地にコンクリートを打設してもらい、コンクリートと石をボルトでつなぎ、耐震施工にも考慮しました。桜色が優しい印象を与えてくれます。
effectplus_20161102_0424561薪ストーブ=重厚なレンガ積みのイメージが頭から離れなかったが、シーズンオフになる春、夏でも楽しめる「インテリアとしての石」としての存在にしたいと、敢えて本磨きをかけた凹凸のない炉壁にし、暑い夏でも磨かれた石が涼しげな印象を与えてくれています。暑い日に炉台に触ると本磨きの石がひんやりと体温を下げてくれます。夏涼しく、冬暖かい(笑)我が家を訪れる友人達も春夏秋冬、涼しげな印象、暖かい印象を見せるインテリアに喜んでくれています。石の炉台・炉壁、石屋のフィールドですね。このスタイルの炉台・炉壁を施工する新築住宅での工事のお話もいただいていて、しっかりと工事に努めていきます!!

これから薪ストーブをご検討の方へ
僕も薪ストーブオーナーになってまだ4年。まだまだ分からないこと多いけど、これだけは言えます。どんな薪ストーブ、炉台・炉壁にしたいかもすごく大事。大事なんだけど・・・実は凄い毎年のことになってくるのが・・・・

1478030641854114780306473801
薪の調達!!!!!!!!!!
切ったばかりの原木は上手く燃やせません。1年くらいの乾燥期間が必要になっちゃうんです。水分が多くて乾燥が甘い薪を燃やすのはあまり薪ストーブにも良くないし、薪の燃焼効率も悪くなちゃうから購入するって決めた段階で薪の調達方法を開拓しなくてはいけないんです。ちなみに僕はやってる感を満喫したいから毎年、会社のトラックで運んでます。出来ることは自分でやったほうが達成感がありますから。でも、チェンソーで毎年、原木切るって決意したけど1年断念・・・。無理は禁物ですから~。

kimg22241

さあ、楽しい薪ストーブライフも発信していきます!!
(有)ミナト石材最新情報日々更新!!
Instagramやってます!!

薪ストーブの火を見ていると落ち着きます。