石と共にある生活に価値が生まれてくれたら嬉しい

インテリアの石も作っている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【石屋なんでインテリアも石でつくりますよ】
ブログのタイトル写真にも使っている写真は僕が作っているインテリアストーンの実例の一部なんですが、新築祝いの贈り物や誕生日プレゼント、面白い試みに楽しみながらオーダーをいただいたりしています。

酒屋さんや本宮の有名シェフの方とコラボをさせていただいたり、ゲインストーンエボリューションシリーズには立川こしら師匠とタッグを組ませていただいた「イングレスゲインストーン」もあるんです。

そして、メルカリにて絶賛販売中なんです!!
メルカリ:イングレス仕様ゲインストーン販売
そして、今日はこんな投稿も・・・・

落語会でお世話になっている西念寺様もインテリアストーンを気に入っていただき靴べらスタンドや、インテリアストーンライトシリーズをご納品させていただいています。
そして、この靴べらスタンド・・・本宮市内のお客様のご自宅玄関や本宮市東町にあります本宮幼稚園本宮教会様にも置いていただいており、石が身近にある生活を楽しんでいただいています。

【石に新たな価値を】
例えばウイスキー・・・・・。
ウイスキーって色んなチャレンジがされているお酒です。
樽をバーボンを熟成させた樽で寝かせたり、ワインを熟成させた樽で寝かせたり、色んな挑戦がされている。8年熟成から30年なんてものも・・・・。そして、新たな価値が生まれ続けているお酒だと思っています。
石だって同じこと。ゲインストーンや車輪止めを作ったり、インテリアを作ったりと自由に挑戦をしていいはず。

同業者の方から「よくやるよね。」って言われるくらいに独自の新しい価値を発信していくことも自由にしていいんだと思います。
会う人に「ゲインストーンって・・・」って聞かれることが増えてきたりもしたりと(笑)
たまには楽しくお客様と笑いながら打ち合わせして笑えちゃう石製品をお届けすることも価値だって思いますから。そんなユルい感じで僕のインテリアストーンも(有)ミナト石材のお仕事として認めていただけたらありがたいッス!!押忍!!

(有)ミナト石材インテリアストーンページもあります!!

ハンドメイドサイト「Creema]にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

福島県で立川こしら師匠がカツ丼を食らう

 

 

 

石屋さんのリピーターも・・・一緒に何度も楽しむ、楽しんでいただけるリピーターでいいんでないすか?

とある落語家さんが二本松岳音泉に来るそうで3月が楽しみな石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石材業においてリピーターって?】
石材業において「リピーターとは?」と考えてみると戒名彫刻の追加彫刻、墓地の清掃や十数年前にお墓を建てていただき、既存のお墓を草が生えないように周りの石(外柵)を新築したりといったところ。既存のお客様からご紹介をいただくことも一つのリピートかも知れません。
きっと石屋さんの中にはリピーターという考え方は皆無という考え方の方もいらっしゃるかも知れません。

【一緒に楽しむリピーターでもいいんでないすか】
僕が好きで開催させてもらっている「二本松いわしろ落語会」も過去3回毎回かかさず来ていただける方、2回目の方、たくさんいらっしゃいます。一般のお客さんは勿論、当社のお客さんも勢州屋のお客さんも落語を楽しみに来ていただいています。これってまさにリピーターですよね。
そして、来ていただいた方に楽しんでいただけるようにオリジナルグッズとかも開発しちゃったりね(笑)
せっかくの節分だから「節分豆!!」と「缶バッチ!!」とかね。豆の梱包は夫婦の共同作業でした(爆)


そして、僕の打ち合わせさせていただいているお客様もお話させていただいたら、落語がお好きで次回開催を楽しみにしていただております。石材業をしている身分として、お客様に喜んでいただくという事は「良いお墓をお届けする」や「安心してお墓参りに行っていただく」といった事のみを考えてきたところがありましたが、当社を選んでいただいたお客様と一緒に「楽しい」をリピートしていける関係性になれたら嬉しいし、3回開催の落語会を通して、そんな関係性に向けて前進してきたんじゃないかななんて思います。まあ、まだまだ始まったばかりのイベントです。これから開催を続けていく度に、いろんな楽しいや気付きがあったら嬉しい。押忍。

福島民報にも落語会記事を掲載していただきました。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイドサイトCreemaにてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン石積みクリエイターの挑戦は続く!!

お客様との信頼関係からお墓は建てていただくもの。そして、石材店はお墓の守り人なんです。

お客様のご自宅のウーパールーパーのサイズが30㎝超えで驚く石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【お墓を建てる意味】
(有)ミナト石材の考え方としてお墓を建てる意味があります。
①お亡くなりになった故人への想いを込めて故人の生きた証を残しておくため。
②残されたご家族の心の拠りどころとして、ご先祖様と報告、連絡、相談をしていただける場所として。
③自家のルーツを後世に伝えていく場所、「ご先祖様が見ているから悪い事はしちゃだめだよ。」と子供達への情操教育の場所として。
総括していくと、お墓づくりは故人への想いや、これから故人を忘れず生活していくご家族の為でもあり、「ご家族のしあわせづくり」とも言えるんです。
このような考え方のもとにお墓を建てていただけるようにお話しし、考えをお伝えしていくのも石材店の務めだと思っています。

【図面はお客様とのヒアリング、現地調査をして提案していくもの】
お客様とお話をしていて、ヒアリングをさせていただいて、現地調査に立ち会っていただいたりと僕自身、図面を作成するまで時間がかりますが、現地調査に立ち会っていただければ、こうしたほうが良いですよとか、石工目線からの提案や説明も出来るんです。
その墓地に合った提案や使いやすさって実際にその予定墓地で説明しないとお客さんに伝えるのって難しいと思ってます。
そして、図面に分かりやすく補足の説明や、現況を書いてあげたりとその図面を見るお客さんを思って作っていくもの。
そんな記事も以前、アメブロで書いていたのでご紹介↓
石一段目のブログ記事「図面に書いてます」
たまに図面だけを作って届けて、訪問を繰り返す石屋の営業の方がいらっしゃっいますが、先に書いた誰の為に建てる意味に沿っていないように感じてしまいます。その図面で、「石もインドとポルトガル産で大きくも小さくも出来ますよ!!」っ会って間もない人に迫られたら怖いッス。僕だったら。

【石材店はお墓の守り人】
墓石業は僕たち石材店とお客様との信頼関係からご用命いただき、安い買い物ではないお墓を建てていただく心の福祉産業です。安心してお墓参りに行っていただけるお墓を提供し、お墓の守り人ととしてお客様と一生のお付き合いをさせていただくのが(有)ミナト石材のお仕事です。
地域の皆さんのご先祖様を大切にしたいという想いを大事にしていきたいとおもいます。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

アナタの「好き」をInstagramで発信。

好きなパスタは蟹クリームパスタの石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

人それぞれ好きな場所や好きな食べ物ってありますよね。アナタの趣味、趣向の「好き」を写真や動画で発信するInstagram。そして、アナタのその「好き」を日本のユーザーのみならず海外ユーザーとも共有出来る気軽さ、手軽さが人気なんだろうね。

例として・・・僕はこのパスタが好きです。
img_0159
この好きな写真をInstagramに投稿してみる。ちょっと写真に編集を加えてより美味しそうな写真に・・・・・。
コメントも忘れずに。


そして、#タグをつけることで同じ趣味・趣向を持った人が投稿にリアクションしてくれてフォローしてくれるようにもなってくれます。英語の#タグは海外ユーザーが反応してくれる率が高くなったりします。

お次はこんな風景も・・・・・。

img_0167

写真の加工とコメントは忘れずに~。

地元にこんな景色があることを知らなかった〜。 #風景 #二本松 #view #景色

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –


自分の「好き」を自分好みにカスタマイズして気軽に同じ趣向を持つ人と楽しめるって凄いですよね。友達の家に遊びに行って、飾ってある写真を見て「〇〇が好きなんだね。知らなかった~。」はもうなくなる時代です(笑)
そして、凄くいいな~と思っているのがお子さんの成長過程をアルバムみたいにして投稿していくこと。同じ年代のお子さんを持つパパママと繋がれるし、子供の成長の足跡をたどることが出来たりしちゃうわけですよ。育児でちょっと不安なことがあっても#タグでワード検索すると同じ悩みや解決策がのった写真なんかが出てきたりしてくれます。Yahoo知恵袋よりも写真つきだから安心できるかも(笑)さらにたまにしか孫と会えない遠くに住む両親に孫の日々の成長をInstagramを通して見てもらえたりもするわけです。好きな写真を額に飾って、来た友達に自慢するだけの楽しみではこの時代でもったいない。Instagramに投稿して同じ趣味・趣向の人たちと楽しみながらアナタの「好き」を発信しちゃいましょう。


さあ、Instagram楽しんじゃいましょう!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

本宮市のグルメもご紹介~!!

明けましておめでとうございます!!今年も行動していきます!!

初めてゆっくり正月を過ごす石屋の純人です。
(@isiyasumihito)
kimg25131
2017年も幕を開け、新しい1年の幕開けですね。僕もお正月を家族3人ゆっくりと我が家で過ごさせていただいています。

今年は酉年、飛躍の年を目指す!!
去年は本当に「生まれる年」だったとも言えます。新しい石のインテリアオーダー品を作ったり、落語会の主催者となって活動したり、長男が誕生したりと、本当に「生まれる」を実感した年でもありました。
今年はその「生まれた」年から「進化(飛躍)」の年だと考えています。墓石業界全体が低迷しているから、新しい他がやってない行動を控えようなんて考えはきっと現状維持、いや後退していくと同じことだと思っています。受け継がれてきたことを守っていくことは、その時代にあった流れの形でしっかりと継続していくことだとも言えます。それが従来の常識でないものだとしても。居酒屋さんでよく見かける「こだわりの〇〇」ってメニュー、今の時代「こだわり」という言葉が定着していて、こだわっているのが当たり前になってしまった時代。ちょっと前までのチェーン店と個人店さんの差がなくなってきているんだと思います。それだけ「こだわり」が溢れているんです。その状況で同じ土俵で戦えば、資本の多いほうが勝ってしまうわけです。その土俵で勝つことよりもオンリーワンとして選んでいただける新しい行動、新しい価値を積み重ねていくことも大事になっていくんでしょうね。それは墓石業界、石材業界も同じだと考えています。だからこそ行動と発信が大事になってくるんだと思います。よくサッカーで言う攻撃が最大の防御ってやつでしょうかね。僕自身、ミナト石材の石工としていろいろチャレンジさせてもらえる環境にいるからこそ、しっかりと前進出来るよう行動をしていきたいと思います。ただの石屋の弟では楽しくないでしょうからね(笑)
まずは楽しみながら墓石業にインテリアストーン、子育てに二本松いわしろ落語会の開催と行動することを続けていきたいと思います!!
そして、行動からまた新しい何か、新しい価値が生まれたら嬉しいッス!!
今年もどうぞ宜しくお願い致します!!
そして、皆さんに溢れんばかりの幸福が訪れることをお祈り申し上げ2017年1発目のブログとさせていただきます。

さあ、今年も楽しんでいきますYO!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Creemaにてインテリアストーン販売中!!
img_20161123_1817581

ゲインストーン体感せよ!!

吾輩は犬派である。

猫よりは犬派の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

img_20161211_1538251

実家の湊家は昔から犬派である。幼少期から犬がいる生活を過ごしていることもあり、「ペット=犬」が根付いている。
そして、猫が嫌いというか怖いのである。幼少期に子猫を手招きしたら、後ろから親猫が突進してきてふくらはぎに猫爪ラッシュを受けたことにより、猫が少しトラウマになっている(笑)


奥さんの実家の子犬の顔が何かを求めているのが愛おしい。
犬が好きだからこそ心動かされるんだろう。猫だとこの感動がないしね。


SNSを介して犬好きって発信してあげるだけでも、同じ犬好きな人と気軽にコミュニケーションがとれちゃう。
アナタも自分の好きな事をSNSに投稿して楽しくコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。
何事もきっかけと行動が大事です。モノは試しに好きな事を投稿してみてはいかがでしょうか。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

パパっ子にするぞ大作戦、始動中!!

朝からオムツ交換が日課の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

imgp42851

プロジェクトが始動中
我が子との生活が始まり、沐浴、オムツ交換、寝かしつけの抱っこと初めてづくしの毎日を過ごしています。親になってみないとと分からないこと、子供から教えられることがたくさんあると両親に言われてきたので、これから家族3人の生活を通して、いろんな気付きがあるんだろうなとドキドキしながら、まずは子育てを楽しみたいと思います。
そして、同時進行で湊家流育児プロジェクトがリアルの育児生活とインスタグラムとツイッターを介して始動中!!

その名は「パパっ子にするぞ大作戦」!!

 

抱っこが毎日の日課。 パパっ子への階段を一段くらい昇る。 #パパっ子にするぞ大作戦

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –


僕の顔を見る沐浴中の息子の顔がひきつっていますが・・・・・(笑)
初めては誰でも緊張と苦労がつきもので、経験を重ねることで上達するわけです。それは世話する僕も世話される息子も同じでこれから楽しい事もつらい事も経験を重ねて成長していくのかなって思います。親子でまだまだ新米パパと新米ベビーなので、奥さんの助言をもらいながら僕たちはお互いに認め合えるパパっ子とパパっ子のパパを目指していきたいと思います。そして、同じ境遇にいるパパママ達とつながって、楽しくコミュニケーションが取れたら、育児もSNSも楽しく出来ちゃうかもしれないよね。
SNSが普及して誰とでも気軽にコミュニケーションを楽しめる時代。
ちょっと前はアルバムに現像した写真を貼って見て楽しむのが当たり前でしたが、インスタグラムで写真を投稿して、#(ハッシュタグ)をつけてアルバムとして使うと、つながっている友達や遠くに住む親にも子供の成長を楽しみながら見てもらえたりするんじゃないかな。これも楽しい使い方なのかなって思います。なので僕は「パパっ子大作戦」を通して楽しみながら使い倒したいと思います。

目指すぞ!!パパっ子!!

あっ、「育メン」は周りから言われる呼ばれ方で、自分から言ってはいけないそうなので「育メン」とは言わないようにします(笑)

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

本宮市荒井、熱海街道沿いのローソンのとなりの龍門で石焼き料理はいかが?

 

 

今年2回開催した落語会から思う。

息子の沐浴がぎこちない石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

まずは、今年の夏から秋にかけて2回開催した「立川こしら二本松いわしろ落語会」に参加、協力していただきました皆様、本当にありがとうございました。そして、いろんな無茶ブリも聞いていただきながらライブの落語の魅力を体感させていただいた立川流真打「立川こしら師匠」に心から感謝を申し上げます。
imgp41711
やりたいからやってみようという軽いノリが、落語という文化が身近とは言えないだろう地域であっても、物は試しにと来てくれた方が「落語って楽しいね」とか、「チケットまた売りつけに来てください。」、「また開催してください!!」と楽しんでくれて、その後に落語会の楽しかった話をしたりして仲良くなれるきっかけになって本当に良かった。自分が楽しいと思う事を自分だけじゃもったいないからみんなで楽しんじゃおうって行動、イベントを開催することは新しい何かを始める時に大事だなって感じました。ムズカシイ顔して意見出し合うことも大事だけど、楽しい会話の中から生まれる気付きとか閃きが新しい行動、更なる楽しみに結びついてくるのかもしれません。
そして、「落語=東京に聴きに行くもの」を地域でも落語家さんを呼んで寄席を出来るって既成事実を築きあげられたと思います。僕は「お寺」での落語会でしたが、ほかにも「古民家」「旅館」「美容室」とその地域に根付く場所が寄席の会場となる。当たり前のボーダーラインが分からなくなってきたこの時代、落語会の主催者をしている石屋の変な弟がいてもおかしくないし、むしろ変化を恐れてしまって行動しなければ何も始まらないのかも知れません。やろうと思っているのはやっていないのと同じなんです。とにかく行動してこそ始まるんです。その行動したきっかけで落語会主催者となったり、ゲインストーンプランナーになったりしているわけです。
この落語会開催を通して思うことは、来てくれた皆さんが楽しんでくれたこが本当にうれしかったことと、行動することで去年の僕が予想もしなかった未来がやってくるという事です。

そして、来年もやっちゃいますよ!!↓

節分だよ!!第3回立川こしら二本松いわしろ落語会
%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%89%ef%bc%91

節分の落語会楽しみたい方はFacebookイベントページから参加表明よろしくー!!!!!

さあ、来年も落語会やりますよー!!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

落語会やりながら師匠に協力してもらい、食レポ動画つくってます。

 

 

 

地震の備え、SNSに慣れることも必要となってくる

今日は午後から家族で散歩すると決めている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

img_20160526_060233

昨日の地震は怖かったね
けたたましいスマホの地震警報と激しい揺れで朝から混乱気味でしたが、何より家族が無事で一安心でした。あの大震災を思い出させてしまうような揺れとあの津波警報はもう経験したくないものですね。この余震も東日本大震災の余震ってまだ続いてるんかい!!って思いますが、今後1週間の間にまだ余震が続くと見られていますので地震発生の際はお気をつけください。

東日本大震災時よりも迅速な安否確認
昨日もそうでしたが、電話による安否確認には少しタイムラグが発生していました。ここでSNSが活躍。フェイスブックの安否確認機能で自分の無事を伝え、つながっている皆さんの無事を確認することが出来ました。そして、SNSを通して多くの皆さんから応援メッセージをいただきありがとうございます。
東日本大震災当時よりも被害は少なかったとはいえ、すぐに自分の無事、家族の無事を伝えられることは地震の被災者の方、心配してくれる方、両者にとって少しでも心の安心の要因にもなってくるように思います。フェイスブックの安否確認ページは↓
safetycheck

いざという時に使うために普段から使ってみる
もしも被災してしまった時。テレビや電話が使えない状況で活躍をしているSNS。いざその場面で使おうとしても、「どう使えばいいの?」となってしまっては意味がなくなってしまいます。普段から少しでも使って慣れておくことが大事かも知れません。普段は地震への備えという考え方よりも、自分と同じ趣味を持つ人と交流しながら使ってみるという考え方がいいと思います。「交流を楽しむ」というのがSNSの使い方。いざという時の対策はその使い方に慣れること。ぶっつけ本番はなにかとトラブルがつきもの。楽しく慣れていけたらなによりですね。僕の自撮りもここぞという時に元気な姿を見せられる為の練習ってわけです!!(笑)

さあ、これを機にSNSに慣れておくことも大事です!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

僕たち石材店に出来ることは後世に「津波が来たら逃げろ」という教えを後世に伝えることでもある。


現在、本宮駅前、本宮駅前通りを中心に「もとみやライトファンタジア」が来年2月14日まで開催中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

野球部時代に言われたことをなるほど!!と今思う。

勝っても負けても泣いていた元高校球児の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

練習の時に監督に言われていたこと
13日(日)に尚志高校グラウンドで田村高校を迎えての練習試合が組まれていた。高校時代の恩師が田村高校の監督として凱旋するというOBには見逃せない一戦。落語会と重なったのが残念だった。そして、練習がとにかくキツかったなーと思い返していると、よく言われていた言葉を思い出しました。とにかく「声出せ」が一番に言われていて、出ていないと「内に秘めたる闘志は伝わんねー。声出して伝えろ。」と言われるわけ。今思うとスゲー共感出来るわー。人間教育の場所だったんだと今更ながら感動。なんか今の仕事にリンクしてきそうな感じがします。

言わなきゃ、発信しなきゃ伝わんねー
SNSを使っていろんな人とつながって楽しんで情報を発信することを始めてまだまだ日が浅いけれど、自分のやっている仕事、趣味、ライフスタイルなんかも紹介しています。発信していなかった以前は単なる「石屋の弟」だったのが、インテリアストーン・ゲインストーンとか落語会の席亭のことを発信し続けて「いろいろやってる石屋の変な弟」に変貌を遂げたと思っています。以前の石一段目というネーミングは上手く伝わらなかったけど(笑)まだまだSNSの手練れにはほど遠いけれど、日々発信しているからこそ新しい石のオーダー製品作ってますとか、「石屋の変な弟」がまたなんか始めてるよ。っていろんな人に伝えられているんだと思います。発信をしないままでやりたい事をやってもそこには自己完結、自己満足しかないけど、日々取り組んでることを恥ずかしがらずに発信すれば、少なからず情報として誰かのもとに届いていると思います。後は発信の精度を鍛え上げていくって事がスゴク大事になるけれど、まずは「内なる闘志は伝らねー。発信して伝えろ。」って今の状況に置き換えて、高校の恩師の監督に感謝をしながら発信していきたいと思います。
そして、本日は昨日の午後から下地加工をしておいたオーダー品の石を丸めて、手加工で磨いています。どんなインテリアストーン、いや、エクステリアストーン?が出来上がるかはまだヒ・ミ・ツですが、これを見てお店さんもそのお店のお客さんもクスッと笑ってもらえるように仕上げの加工に向けて段取りをしたいと思います。安心してください!!ふざけてません。至って真剣に実直に石に向き合っていますYO!!
img_20161119_1523451

さあ、「発信しなきゃ伝わんねー!!」を胸に発信しますよ。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ゲインストーンエボリューション!!創造主はアナタ!!


こしら師匠にとって福島県は「カツ丼県」らしいんです。