ゴールデンウィークに家族でお墓参りに行きましょう

今日から家族でGWを過ごす石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【お墓に報告に行ってみる】
「お墓参り」に行く時ってどんな気持ちで行かれますか?
・まあとりあえず・・・?
・ご先祖様の供養に・・・?
僕の場合、ご先祖様の供養は勿論ですが、ご先祖様への報告も兼ねてお墓参りをさせていただいています。昨年生まれてくれた子供がスクスクと成長してくれて、お食い初めや初節句を迎えられたことや、ご縁をいただいてお仕事させていただいた大きな仕事も無事に終わって、お客様に喜んでいただいたことなど、家族や仕事の報告をさせていただく機会に両家のお墓に行きたいと思っています。
遠方にお住まいの方にとっては、ゴールデンウィークのような大型連休でなければ、家族一緒に足を向けることも出来ないかも知れません。
ご家族で行楽地に行く前の少しの時間でも良いと思いますし、供物や献花もお彼岸やお盆のようにたくさんお持ちになられなくとも構わないと思います。
ご先祖様も来てくれたこと、報告に来てくれたことが嬉しいはずですし、そのご先祖様の存在を忘れないでいてくれる心が一番の先祖供養のはずなので。
ご自分の報告、ご家族の報告やお子さんに「ご先祖様がいるから僕らはいるんだよ。感謝しなきゃダメなんだよ。」と教え聴かせてあげることも出来るのもお墓という場所があるからこそだと思います。
目に見えないモノへの美しさを感じる精神文化の現れが「お墓参り」です。
「便利=簡素化」という流れになっている目に見えるモノのみに価値がある物質社会ではありますが、なくしてはいけない慣習、美しい精神文化は僕たち世代が後世の子供達、家族に伝えていかなくてはいけないものなんじゃないでしょうかね?
このゴールデンウィークの機会にご家族でお墓参りに行ってみましょう。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

Instagramやってます!!

立川こしら師匠、ソウルフードを食らう!!

 

引き継がれていく命

久しぶりのブログ更新の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

生まれてきてくれてありがとう
平成28年12月4日午前4時36分、僕と奥さんのもとに3160gの元気な男の子が新しい家族の仲間入りをしました。img_20161207_1157391
元気に産んでくれた奥さんに本当に感謝しています。奥さんの顔は母親の優しさと我が子への愛情に溢れた「お母さん」の顔になっていて、僕もしっかりサポートして育児に取り組んでいきたいと思います。

引き継がれていく命
我が子が生まれてきた時、心から僕と奥さん、それぞれの両親に生んでくれてありがとうという気持ちが溢れてきました。そして、ご先祖様に感謝と元気であることを伝えたいという気持ちになりました。落ち着いてきたら両家の墓前に誕生の報告と我が子の紹介にお墓参りに行きたいと思います。
僕と奥さんが出会い、結婚して子供を授かったのには、生んでくれた両親がいて、その両親には生んでくれた祖父母がいて、その祖父母を生んでくれた・・・と自家の歴史があるわけです。今、自分が生きているのはご先祖様がいてくれたおかげ、子供を授かり親になったのもご先祖様から脈々と命が引き継がれてきてくれたからこそだと思います。そして新たに生まれた命を大切に引き継いでいくのも命を引き継がれた僕たちの大事な役割なのではないでしょうか。見えないモノに美徳を感じる日本人の精神文化や昔から続く慣習というものは引き継がれていくことで伝えられているものです。それは、親が子に伝えていく事と同じだと思うので、これから育児を通していろんな事を伝えていきたいと思います。そして、楽しみたいと思います。

さあ、育メン目指して頑張ります!!

あっ、育メンは誰かから言われるもので自分で「オレって育メンだよね!!」って言っちゃいけないそうです(笑) 

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

一番のご先祖様の供養とは・・・

レモングラスハーブティーを初めて飲んだ石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

先祖供養って・・・
ご先祖様の供養というとお墓参りをまず一番に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。まさしく日本人の最もな慣習ともいえるわけで、お盆や春・秋のお彼岸にご先祖様にお線香をあげて手を合わせる。この歴史は遙か昔から続いており、ネアンデルタール人が仲間を弔い、その仲間に花を捧げていたという行為が過去の遺物から発見されており、その行為が由来しているのかも知れません。DNAがそうさせているというとSFな話になってしまいそうですが、お墓参りの文化は日本人が長い歴史の中で培ってきた見えないモノへの哀悼と美徳を大切にする日本人の美しい精神文化を象徴しているともいえます。きっとご先祖様も喜んでいただいていることかと思います。立派な先祖供養の一環なんですからね。

一番の供養って・・・
一番の供養はお墓参りで決まり!!って思ってしまいますが、お墓参りの時に考えてほしいことがあります。お墓とは故人の終の住まいや、残された家族の心の拠りどころ、自家の歴史を後世に、子供たちに語り継ぐ場所とされています。この歴史を語り継ぐ場所という考え方がとても大事で、お墓参りにお子さんと一緒に行き、「ご先祖様が空から見ているから悪いことはしてはいけないんだよ。」と教えることが出来る子供の情操教育の場であるんです。現に子供を連れてお墓参りを多くしている県は少年少女の犯罪件数も少ないそうです。そして、語り継ぐという観点で「語り継がれる=思い出してもらえる」ということです。一番の供養、それは亡くなったご先祖様が生きていたということを思い出し、忘れないこと、そして後世の子供達に伝え続けてあげることなんだと僕は考えます。
ふと亡くなった故人を思い出した時、ご家族、お子さんを連れてお墓参りに行き、故人が生きた証を子供たちに語り継いであげていただければ幸いです。そして。ご先祖様への報告でもいいかも知れません。きっとご先祖様も喜んでくれるはずですよ。

%e3%81%8a%e5%a2%93%e5%8f%82%e3%82%8a

一番の供養は「故人を思い出してあげること」です。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

山でも晴れ男‼ Yes‼晴れ男‼ #石一段目#晴れ男#登山

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –