二本松いわしろ落語会、やりますよー!!

今日は家族サービスデーにする予定の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【ライブで見るもの・聴くものを身近な場所で】
ライブで見るもの・聴くものは首都近郊に集中してしまいがち。
地方に来ても大きな大ホールや市民文化センターのイメージがあります。

「落語」って江戸の庶民の失敗談や人情話って言ってみれば僕たちの身近でも起きそうな話(笑)
意外に身近な「落語」。
そんな身近な娯楽を身近な場所で楽しんでいただく。地域に根付くお寺の本堂や和室で。

そんな地域の落語会。身近な場所で身近な話芸「落語」を楽しんでいただく「二本松いわしろ落語会」。
主催者が石屋で会場がお寺の本堂、もう皆さんお分かりですよね(笑)

【立川こしら師匠の落語東北ツアー決定】
今年度は2月、6月と開催してきました落語会!!
まだ終わりません(笑)

11月15日(水)に立川こしら師匠が再び二本松に帰って来ていただけます!!
さらに、今回は初開催となるお寺さんの本堂をお借りしての落語会となります。詳細、参加表明はこちらのfacebookイベントページから↓
第5回立川こしら二本松いわしろ落語会in鏡石寺

今回はどんな体験動画が出来上がるのかもお楽しみ(笑)


そして、今回は会津~二本松~米沢と2県をまたぐ落語駅伝。

各地でもイベントページが立ち上がっています。二本松は遠いけど、会津、米沢なら行けそうって方はイベントページ要チェックや!!

11月14日(火)会津若松
第8回立川こしら会津落語会

11月16日(木)米沢 小野川温泉「鈴の宿 登府屋旅館」
第9丁寄席どうふ~立川こしらの巻~

お近くの会場でライブの落語会、是非お楽しみください!!
二本松いわしろ落語会、詳しい情報はブログやSNSで随時更新していきますのでお楽しみに~!!

(有)ミナト石材、落語会も開催しています!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

インスタやってます!!

二本松いわしろ落語会と言えばカツ丼!!

 

 

行動とつながりが生み出す落語会は感動を生む

東北落語駅伝ツアーが終わり、一安心の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

1本のタスキをつなぐ東北落語駅伝ツアー
立川こしら師匠が東北5ヶ所、5DAYSの落語会を行う東北ツアー。落語会主催者が「立川こしら東北ツアー」と刺繍された1本のタスキをつないでいくというストーリーがそこにはありました。

この1本のタスキが山形~福島間、こしら師匠と各地の主催者と共に駆け巡った大変な道のりです。山越えの3区米沢~只見間(約3時間半)を駆け抜け、往路(二本松~会津)最終走者も務めていただいた会津落語会の主催者船城麻美さんの頑張りと師匠への熱い想いが駅伝ツアーに感動という名のゴールテープを用意してくれたんです。こしら師匠始め、各地の落語会主催者の皆さん、そして二本松いわしろ落語会主催メンバーの皆さん、参加していただきました皆さん、本当にありがとうございます!!
imgp41711

行動とつながりが生み出す落語会
僕が落語会の主催者として活動している現在から1年前を思い返すと東北落語会のプロデューサー小野川温泉鈴の宿登府屋旅館若旦那遠藤直人さん(@Naaot)と出会い、郡山開催の立川こしら師匠の落語会で船城麻美さんと出会い、その出会いがつながっていき、僕も船城さんも遠藤さんの指導の下、落語会主催者となっている現在。
小野川温泉の開湯祭の落語会に行っていなければ?
郡山でこしら師匠、船城さんと会っていなければ?
二本松いわしろ落語会は誕生しなかったかも知れない。普通の石屋の弟のままでいいのか。落語会を開催し、インテリアの石を販売する石屋の異端の弟がいいのか。もちろん後者ですよ。異端が先駆者となる時を信じているから。だから、行動をしているんです。行動することで何かが変わることを体感することが出来た落語会。そして、まだ1年という短い期間ですが東北の席亭としてのつながりが日程から経路、お互いで落語会開催のサポートをしたりと落語会が成功するように一致団結し最高のグランドフィナーレという形で終えることが出来たんです。皆さんに楽しんでもらいたくて開催しているんですが、主催者のつながりがあるからこそより一層楽しく、とても感動しちゃっているのかも。この感動は主催者を体験しないと分からない。行動とつながりが生み出す東北ツアー落語会は笑いと感動を僕に与えてくれました。本当に皆さん、お疲れ様でした!!東北ツアー打ち上げ画像船城さんが一番前です。
fb_img_14792794387011
来年も立川こしら師匠の東北ツアーで落語の楽しさと感動をアナタに!!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

ソウルフードはアナタの町の 定番料理だよね。 二本松市小浜はカツ丼だよね‼

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –

やっぱり福島県の食レポは「カツ丼、重」だよね。