こんなオーダーメイドのライトも承りますよ~。

石のある生活を送っている石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石の円をライトに】
僕の作るインテリアストーンは基本受注生産、オーダーメイドでの販売となっています。
なので、こんなのがいいな~って感じでお客さんと楽しい打ち合わせをしたり、メールやメッセンジャーに連絡をいただいています。
どのくらいするの?という参考には・・・・・
ハンドメイド販売「Creema」インテリアストーン販売ページでの販売金額で見ていただければと思います。
まあ、一番は僕のfacebookメッセンジャーに連絡いただければ間違いはないっす。

そして、今回はこんな感じも出来ますよって紹介です。
石の円にくり抜いた部分自体がライトになります。

暗くするとこんな感じ。

さらに暗く・・・・・。

昔流行ったアメリカのドラマ「HERO」を連想しそうな感じになります(笑)

石自体の形をライトととして活用したりも出来ます。
BARの暗い雰囲気でお酒を楽しみたい時や、客室の寝室のナイトランプにもオススメです。
石のナイトランプのある部屋・・・。なんか雰囲気がありますよね。
僕自身も石のある生活を送っていてブログを書く二階の書斎で石のライトを光らせながら書いてます。
文章力が上がるとか全然ないですけど(笑)、見てて心地よくなります。

どんな石があるの?って言われるよりも、こんな感じがいい!!って言っていただけるようなレパートリーが増えるように石工として、業界としてはひよっこですがこれからも作っていきたいと思います。
石のインテリアのオーダーメイドも承ってますよ~って話でした。押忍。

(有)ミナト石材墓石業にインテリアストーンに展開中!!

インスタやってます!!


 

端材は創造の原石

チャーシューは端のほうが味が濃くて好きな石屋の字純人です。(@isiyasumihito)

【端材から生まれる新たな価値もある】
アナタの好きな空間に「石のある生活」をお届けしているインテリストーン。
僕自身もそれは然り。夜な夜なブログを書く時間に僕の大好きな薄明かりな空間を優しく照らしてくれます。

このライトも端材から生まれたシリーズ。
加工で残された端材は余りとなるのか?
その石には誰かの為になる価値はないのだろうか?

僕はその石を見て思います。「なんか作れそう」。
そして、その作った石にアナタの大切な人を喜ばせる価値が生まれてくれることを信じて作ってます。

「端材」=「原石」。

石は誰かの為にという価値があるもの。
お墓だってインテリアストーンだって同じことです。
端材から生まれる石のインテリアの価値は誰かが喜んでくれること、楽しんでくれることで新たな価値が生まれていくんです。
こんなものがあったら楽しいかも。こんなの喜んでくれるかも。
端材から生まれる創造から生まれてお客様にお届けさせていただいています。
お客さんに楽しんでいただくゲインストーンとして・・・・。
大切なご友人の贈り物として・・・・。
ご自宅のインテリアとして・・・・。

そんな新たな価値をもつ石たちを通して、人のしあわせづくりのお手伝い出来るってのも今ならではの時代なんじゃないでしょうかね。
10年前の僕はそんな事は考えられなかったし(笑)
過去の当たり前という認識から脱却出来たのかも知れないッスね。
秋に大きなイベントへの「石のある生活」インテリストーンの出店オファーもいただいたので、「端材=創造の原石」として大切な人に愛していただけるような石製品を作っていきたいと思います。

(有)ミナト石材墓石業と共にインテリアストーンもやっとります!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

インスタやってますYO!!

ゲインストーン挑戦者は老若男女問わず!!