アナタが楽しんでいただくことで価値が生まれていく

ネジネジにちょっとハマっている石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【アナタは何を飾りますか?】
石を楽しむという価値は「身近」であるのがキーワードだと思います。ゲインストーンも然り・・・。
そして、新たに可愛らしいインテリアストーンの登場です。
使っているのはゲインストーンと同じサイズの石(笑)価値あるわ~(笑)

自由度の高いワイヤークラフトってインテリアとして多くの方に愛されているものです。
インテリアショップや100円ショップにも多くの商品があるわけで、「身近」なインテリアだからこそ簡単な素材を活かしたモノなんでしょうね。

そして、このインテリアストーンも然り。
アナタが好きな「写真」・「チケット」など楽しかった思い出・大切な人との絆を飾っていただけたら嬉しい。
アナタは何を飾りますか?

ワイヤークラフトにストーン・・・「ワイヤーストーン」で(笑)

このインテリアストーンは5月28日(日)勢州屋マルシェにて展示販売予定となっていますので気になる方、欲しい!!って方は会場でお待ちしてますYO!!
勢州屋マルシェfacebookイベントページ

【楽しんでいただくことで価値が生まれる】
「身近」って言葉は字のごとく身のまわりで多く見かける機会が多いからだと思います。
石屋にしてみれば石と向き合っている機会が多いから身近になっているんでしょう。ケーキ屋ならケーキが身近みたいな(笑)
石って身近じゃないよねって言われることも多々ありますが、身近への近道は生活の一部に加えていただくことで距離は縮まっていくんじゃないですかね。
そして、その身近な石を楽しんでいただくことで「石のある生活」がアナタのライフスタイルの欠かせない一部になってくれたら嬉しいッス。
ゲインストーンも楽しんでいただけるからこそ、価値が生まれてくる。面白がってチャレンジしていただくことが「身近」への第一歩なわけです。

ワイヤークラフト+ストーンで「ワイヤーストーン」(笑)も「飾ってみたいな!!」「家に置きたいな!!」って面白がって置いてもらって、アナタのお気に入りのスタイルを楽しんでいただくからこそ価値があるんです。

誰かに「欲しい!!」って言っていただけることって、それが少人数だろうとその欲しいって方の生活を楽しみたいって体験の欲求を満たしてあげる事なんじゃないッスかね。誰かの為の仕事なわけなので。
そして、その人にとって石がもっと身近な存在になっていったら嬉しいな~って思いながら日曜日のモーニングブログです!!
今日は本宮市岩根地区のレクリエーション大会(運動会)、楽しんでいきたいと思います。

(有)ミナト石材インテリアストーンページあるってよ!!

ハンドメイド販売のマーケットプレイス「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン動画あるってよ!!

懐かしい写真で思い出す「一緒に楽しむ」が好きってこと

本宮市岩根の自宅2階のカウンターがブログ更新場所の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【懐かしい写真をfacebookアルバムで発見】
今から約3年前になるのかな、旧岩代町小浜中学校の同窓会を幹事として開催させていただいてました。中学卒業時に同窓会メンバーはいたけれど、有志でやっちゃおうという感じで恩師の先生方も巻き込んで2回目の開催で楽しかった~って思い出の写真を見つけちゃいました(笑)

現在行なっている二本松いわしろ落語会でも共通点が多くてヘンテコグッズ多めのビンゴ大会でした。
抱き枕とかね・・・・・・・・・(笑)
でも、1位は当時流行った「エッグマエストロ」。それが主婦ではなく男性の手元に届くあたりが笑える(笑)
ちなみに左の彼が持ち帰ったが、実は前々回の同窓会ビンゴ大会でも1位のハワイチケットを持ち帰った強運の持ち主。あっ常磐ハワイアンセンターね(笑)


2次会会場にもほぼ参加同級生全員に参加していただき、恩師の先生を目の前にした過去の赤裸々暴露トークも笑えました。楽しかった~って思い出っす。

「同窓会やってみたいんだけど」って始まり、協力してもらえる同級生もいてくれて感謝です。
考えてみると、今も仕事で同じような事をやっているような気が・・・・(笑)
僕の「楽しい」を同窓会という形で「楽しむ」ってことをやっていたって事であって・・・・・って
今もインテリアストーンやゲインストーンという形でやってるわ(笑)
僕自身が誰かと「一緒に楽しむ」ってことが好きなんでしょうね。
色々、経験していくと物事を始める一歩目を前に踏み出しやすくなるんでしょうかね。
「なんか面白そう」ってすぐにインテリアストーンや落語会に取り組めたのも、この同窓会とかを経験していたからなのかも知れないッス。
今は形を落語会やゲインストーンに変わっても、その本質、僕の「楽しい」をみんなと「一緒に楽しむ」は変わらないんですよね。
これからもインテリアストーンも作る石屋、ヘンテコグッズ好きな席亭として楽しくやっていきたいと思います。

(有)ミナト石材インテリアストーンページあるってさ

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

Instagramやってます!!

ヘンテコ動画も作ってます!!

 

落語THEMOVIEを入口にして落語会に行ってみませんか。

超入門!落語 THE MOVIEにハマる石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

超入門!落語 THE MOVIEとは
落語というと「長い」「単調」「難しい」といわれがちな落語に演者さんの「アテブリ芝居」をかぶせて、落語家さんがしゃべっている音声のまま、その場面を映像化していく新しいジャンルのエンターテインメント。
NHK水曜 午後10時50分~午後11時15分

落語を初めて聴くという方にも映像が流れることでイメージがつきやすいし、ネタのあらすじをつかむことが出来ます。実際の寄席では、もうちょっと長く噺が続いたりもします。落語を聴く門戸が広まったように感じます。聴くきっかけがなければ、始まりませんからね。

聴き慣れたらライブの落語を体験
映像で落語を聴き慣れたら、ライブで落語を聴ける場「寄席」に行ってみると良いでしょう。TV、Youtubeで聴き慣れることは入口としてはベストですが、映像と音声のみという情報量しかないわけです。
ライブの落語では噺家さんの息遣いやスピード感、臨場感、迫力のある登場人物たちを演じ切る巧みな話術は画面の前では体感出来ないリアルの熱量を感じることが出来るんです。本当にライブの落語という場の情報量は本当に多い。だからこそ「落語」という文化が活き続けているんだと思います。ものは試しに寄席の場に行ってみてはいかがでしょうか。

東京まで行かなきゃいけないの?
じゃあ、寄席に行ってみよう!!
でも東京に行かないと聴けないよね・・・・・・?

【安心してください!!やってますから!!】
東京で寄席に行って僕だけが楽しんじゃうよりも、噺家さんに来ていただいて落語を楽しんじゃおうと始まった企画。好きな落語家さんに来ていただいて地域の皆さん、僕の好きな人たちに楽しんでいただこうと福島県二本松市を中心に寄席を開催しています。
来ていただける落語家さんは勿論・・・・・・・
立川流真打「立川こしら」師匠。東京を中心に全国各地で落語会を開催し、古典落語を現代の若者が共感できるような新しい切り口で創りあげている人気落語家さん。オーストラリア・スペインと海外公演も開催する落語会のファンタジスタが東北の冬を熱くしにやってきます!!

2月3日「節分の日」を熱くしに二本松市に~!!
「第3回立川こしら二本松いわしろ落語会」Facebookイベントページ↓
第3回立川こしら二本松いわしろ落語会イベントページ

%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%89%ef%bc%91

img_0164

「二本松じゃないッス」ってアナタもご安心ください!!
福島県会津若松にて!!
第5回立川こしら会津落語会

山形県小野川温泉「鈴の宿 登府屋旅館」にて!!
第7丁 寄席どうふ

(有)ミナト石材最新情報日々更新中!!

インスタグラムやってます!!


 

 

 

 

 

行動とつながりが生み出す落語会は感動を生む

東北落語駅伝ツアーが終わり、一安心の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

1本のタスキをつなぐ東北落語駅伝ツアー
立川こしら師匠が東北5ヶ所、5DAYSの落語会を行う東北ツアー。落語会主催者が「立川こしら東北ツアー」と刺繍された1本のタスキをつないでいくというストーリーがそこにはありました。

この1本のタスキが山形~福島間、こしら師匠と各地の主催者と共に駆け巡った大変な道のりです。山越えの3区米沢~只見間(約3時間半)を駆け抜け、往路(二本松~会津)最終走者も務めていただいた会津落語会の主催者船城麻美さんの頑張りと師匠への熱い想いが駅伝ツアーに感動という名のゴールテープを用意してくれたんです。こしら師匠始め、各地の落語会主催者の皆さん、そして二本松いわしろ落語会主催メンバーの皆さん、参加していただきました皆さん、本当にありがとうございます!!
imgp41711

行動とつながりが生み出す落語会
僕が落語会の主催者として活動している現在から1年前を思い返すと東北落語会のプロデューサー小野川温泉鈴の宿登府屋旅館若旦那遠藤直人さん(@Naaot)と出会い、郡山開催の立川こしら師匠の落語会で船城麻美さんと出会い、その出会いがつながっていき、僕も船城さんも遠藤さんの指導の下、落語会主催者となっている現在。
小野川温泉の開湯祭の落語会に行っていなければ?
郡山でこしら師匠、船城さんと会っていなければ?
二本松いわしろ落語会は誕生しなかったかも知れない。普通の石屋の弟のままでいいのか。落語会を開催し、インテリアの石を販売する石屋の異端の弟がいいのか。もちろん後者ですよ。異端が先駆者となる時を信じているから。だから、行動をしているんです。行動することで何かが変わることを体感することが出来た落語会。そして、まだ1年という短い期間ですが東北の席亭としてのつながりが日程から経路、お互いで落語会開催のサポートをしたりと落語会が成功するように一致団結し最高のグランドフィナーレという形で終えることが出来たんです。皆さんに楽しんでもらいたくて開催しているんですが、主催者のつながりがあるからこそより一層楽しく、とても感動しちゃっているのかも。この感動は主催者を体験しないと分からない。行動とつながりが生み出す東北ツアー落語会は笑いと感動を僕に与えてくれました。本当に皆さん、お疲れ様でした!!東北ツアー打ち上げ画像船城さんが一番前です。
fb_img_14792794387011
来年も立川こしら師匠の東北ツアーで落語の楽しさと感動をアナタに!!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

ソウルフードはアナタの町の 定番料理だよね。 二本松市小浜はカツ丼だよね‼

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –

やっぱり福島県の食レポは「カツ丼、重」だよね。

ライブに勝る落語はないよね。

二本松いわしろ落語会の主催者として落語会当日の晴天を祈る石屋の湊 純人です。(isiyasumihito)

地方で開催される落語会といえば・・・
地方で開催される落語会といえば、〇〇市民文化ホールとか〇〇市文化会館とかイメージが出来ちゃうんですよね。日本国民としてお馴染みの笑点のイメージが頭にあるからなんだろうね。

Youtubeで落語が聴ける時代
今やテレビよりも見られている無料動画SNSツールのYoutubeで「落語」と検索すると、網羅しきれない数の噺を聴くことが出来る。僕も落語をもっと好きになりたいと思ってるから気になった師匠の名前を検索して噺を聴いたり、同じ噺を噺家さんを変えて聴いてみたりと活用させてもらってます。楽しいから続くんですね。そうすると、この師匠はここでオトすんだなとか、若者向けに理解しやすい現代的な内容になっていたりと、同じ噺でも落語家さんの創造力で何度聴いても聞き飽きないんです。もう落語が若者向けじゃないなんて言えない時代。
僕の最近のお気に入りはこしら師匠の師匠である立川志らく師匠の「青菜」。

でも、ライブに勝るものはないんですよ
ライブで聴くもの見るものって温度があるように感じる。生ものとも言えるのかも。その息遣いだったり、スピード感や躍動感、画面から聴こえてくる音源とはまるで別物。そして、その空間の空気に飲まれていく感じがある。それは落語も同じ。噺家さんが何人もの登場人物を演じ、まるで本当にお酒を飲んでいるかのような、そばを食べているかのような動きとクライマックスに向けてギアが段々とあがっていくあのスピード感と躍動感。これは体験した人にしか分からない。体感しないのはもったいない!!是非、生の落語を!!!そして、生の落語が二本松小浜にもうすぐやってくる!!Facebookイベントページもあるので体感したい人は参加表明待ってまーす!!↓

第2回立川こしら二本松いわしろ落語会

第1回落語会の様子。局地的な大雨にもかかわらず60人以上のご来場をいただきライブの落語の魅力に触れていただきました。地域の落語会は意外に身近な場所で出来るんです。美容室だったり、ゲストハウスだったり、地域のお寺だったり。もう地方の落語会は従来のイメージを超えています!!そして、熱いリピートの声をいただき、立川こしら師匠の東北ツアー5DAYSの4番手を二本松いわしろ落語会が開催させてもらいます!!img_20161101_1727021さあ、11月13日(日)、立川こしら師匠が二本松市小浜西念寺に帰ってくる~!!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Insatagramやってます!!

インテリアストーンプロジェクト楽しんでます!!