「ゲインストーン」バランサーに新たな動きあり・・・

海外ドラマ・XファイルをBS放送のD-lifeチャンネルで見るのが好きな石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【バランサーとは・・・・?】
~ゲインストーンの楽しさを更に面白く、難しくするために作っている石。この石を下にしてトリックを決めることが出来ると「エクストリームトリック」となる!!~

木の葉のような形をした石が「バランサー」。
そして、石積みクリエイター達が目指しているのがこんな感じです↓

不可能を可能にする為の石積みクリエイター達の挑戦にゲインストーンプランナーの僕からもっと楽しんでいただけるように、もっと挑戦していただけるように新たな展開にしていきます!!

出来ちゃうんです!!エクストリームトリックが出来ちゃうんです!!
僕もトリックを決めた瞬間、心の中で「エクストリーム」って叫んだ(笑)
「どうやってやったの!?」「CGでは!?」
そんなご意見もあるやも知れません。でもね、出来ちゃうんです。
このバランサートリックを体感していただけるイベントが4月末あります!!
勢州屋二本松店さんの駐車場で、産直野菜や生花、和菓子、インテリアストーンのオーダーと展示販売もさせていただくイベント↓
勢州屋マルシェ

バランサートリックを成功させるも良し!!
お題のトリックを決めて「石にまつわる良いモノ」をゲットしても良し。
この機会にお買い物とゲインストーン楽しんで見てはいかがでしょうか。
そして、新たな石積みクリエイターも待っとります!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてゲインストーン販売中!!

Instagramやってます!!

 

まずは続けていく事が大事なんだと思います。

家族写真のムービーを見て泣いてしまい、涙腺コルクが欲しくなった石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【まずは続けていかないと何も始まらない】
インテリアストーンを作り始めて間もない頃は・・・・。
「何をインテリア作ってるんですか?」
「靴べらスタンドです。」
「え!?需要なさそう・・・・・」
ってこんな感じに言われることが多々ありました。
まあ、まだそんな意見を覆すくらいの大きな成果が出せたわけではないけれど(笑)
でも、今現在もこうして作らせていただいてるんです。


「これ素敵ですね!!」って言っていただける方がいてくれて、その方のご自宅にご納品させていただく機会に恵まれるのは本当にありがたいです。
ちょっとづつでも作り続けているから、発信し続けているからこそ、誰かに見ていただけたり、ご用命をいただいたりするんじゃないかなって思います。
作り始めて間もなかった頃からは靴べらスタンドシリーズの他にもいろいろと作りらせていただき、お客様のご自宅だけでなく、本宮市の有名シェフとコラボさせていただいたり、本宮教会さんの玄関に置いていただいたり、店舗でお客さんと一緒にゲインストーンにチャレンジしていただいたり「石のある生活」を楽しんでいただいています。

これからもお客様と楽しみながらインテリアストーンの価値「石のある生活」を発信し続けていけるように僕自身が楽しみたいと思います。

ミナト石材のインテリアストーンページあるってよ。

ハンドメイド販売サイト「Creema」でも販売しています。

Instagramやってます!!

落語会のトリックスター立川流真打立川こしら師匠も実は石積みクリエイターだった!!

そして、立川こしら師匠の落語東北ツアーが再び!!
6月13日二本松市小浜西念寺にて!!
facebookイベントページからも参加できます↓
水無月だよ第4回立川こしら二本松いわしろ落語会

面白がって使ってもらえてこそ「楽しさ」という価値がある。

日曜日のブログを久しぶりに会社で更新の石屋の純人です
(@isiyasumihito)

【身近なモノを石に変えてみる】
石を身近に感じてほしい・「石のある生活」をコンセプトとしているインテリアストーンシリーズは使っていただくことで価値が生まれていくもの。
アナタの好きな小さな植木鉢や大切な思い出を石のインテリアと一緒に飾っていただけたら嬉しいです。お店のメニューやポップを飾ってもらってもカッコいいかもしれないッスね。
使い方はアナタ次第。

アナタの生活で使う日用雑貨を色々と立ててみる。ただカップに収まっていたアレや引き出しの奥で日の目を見ることなく(笑)眠っているアレを立ててみたくなりそうですね。
アナタの日常に石の面白みを付け加えてみたら面白いかもしれないってことで作ってみました。
僕はペンに歯ブラシ。アナタは何を立ててみますか?

【誰かに面白がってもらえることに「楽しさ」という価値がある】
高杉 晋作の句
~おもしろき ことなき世を おもしろく~

墓石業界において「楽しい」とか「面白い」って無縁だと思われています。真面目に実直に・・みたいな。
高杉晋作の句には、変えていくのも変えないのも自分次第という意味も含まれているんじゃないのかなと僕的には考えています。
この石を見てニヤニヤと妄想している石屋は僕くらいでしょうね(笑)

「楽しくなりそう」や「面白そう」って伝えていくってことで石屋さんに「楽しむ」って価値があっていいと思います。
「僕がやっていることで、誰かに楽しんでもらえる」ことが「楽しい」ってことなんです。
僕自身の「楽しむ」を僕のインテリアストーンが好きって方を巻き込んで「楽しさ」が生まれていくこと、面白がって使っていただけることに価値があるんです。
だからこそ、ちょこちょこ作っているインテリアの石やゲインストーンを「楽しいですよー。」「面白がって使ってみてくださーい!!」って販売させていただいています。

そして、インテリアストーンの展示販売やゲインストーンを体験していただける素敵なイベントを勢州屋の太田恭寿さん(@seishuya1)に企画していただきました。
インテリアストーンのほかにも、和菓子や産直野菜の販売、生花の販売とイベント盛りだくさんです!!
4月30日(日)勢州屋マルシェ イベントページ

会場でお会いできるのを楽しみにしてまーす!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

テーブルにこんな石のライトどないでしょ(≧∇≦) #インテリア #石のインテリア #interiorstone #interior

湊純人さん(@isiyasumihito1204)がシェアした投稿 –


 

 

石の傘立て出来上がりました。そして、やっぱり行動していくことで変わっていく。

飲み会に行くと傘を持って帰るの忘れやすい石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石で傘立てを作ってみる】
石の加工において穴を開けるという加工はとても多いんです。水を抜くための穴であったり、お花や線香をお供えするための穴であったり、石に綺麗な丸い穴が開いていたら、きっとそれはその加工が施されたモノでしょう。
そんな穴開けを応用してこんなん作ってみました。

そうです。タイトル通りでしょ(笑)
個別に収納することでお気に入りの傘をいつでも綺麗に眺められます。下の横溝は水が抜ける構造になっているのでお使いいただいてから収納しても大丈夫。
見た目がお墓にある花筒立てのように見えるのはきっと職業病・・・・(笑)
シンプルな形と温かみのある石本来の石肌の色で、スタイルやシーンを選ばないことでしょう。
アナタのご自宅の玄関や少人数のお客様にサービスを提供されるお店さんでお使いいただけるような価値が生まれてくれたら嬉しいです。

【やっぱり行動していくことで何かが変わっていく】
石のある生活を楽しんでいただくために展開しているインテリアストーン。
こんな石があったらいいなーって僕の勝手な妄想で作られたり、僕の作る石が好きって言っていただける方とゲラゲラ笑いながら打ち合わせして作られていったりと使っていただける事、そして、楽しんでいただける事でいろいろ進化していくものなんでしょうね。
最初は楽しい妄想を形にしていくって最初は雲をつかむみたいな話だってけれど、とりあえず行動していく事、とりあえず続けていく事でいつの間にか実現していたり、一緒に楽しんで協力していただける人が現れたりと予想もしなかった未来がやってきたように感じています。
その未来を面白がって楽しんでいくことでまた新たな進化が生まれるかもしれないんでとりあえず行動していきたいと思います。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

立川こしら師匠も石積みクリエイターなんです!!

「花を石で楽しんでいただける」という価値

石で作る花器をいろいろ妄想中の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【石で花を引き立たす】
花を飾るのに世の中には数多くの花器というものが存在します。お洒落な空き瓶であったり、有名な陶器であってもいいと思います。
石でなんか楽しい事が出来たらいいなと日々考えていて、元々。お墓に花を供えるという文化が受け継がれてきているので新しくはないのかもしれませんが、石の花器を黒御影石で作ってみました。

新しいインテリアライトのストライプの加工にちょっとハマり気味です(笑)
あっ・・・こういうライトです。

まだ花を飾っていないので、どんな仕上がりになっていくかはこれからの楽しみですね。
そして、以前オーダー品で作らせていただいた花器に実際に花を生けていただいた写真を勢州屋の太田雅子さん(@yoidoreahiru)から頂戴いたしましたのでご紹介させていただきます。

インテリアストーン「倒れそうで倒れない花器」のサイズを大きくし中央に穴を開け、花を生けられるように加工しました。

かなり素敵ッス!!!!!!!!!!!!
今回はプロの方に生けていただいたそうなんですが、これからはご本人で楽しみながら花と石のある生活をお過ごしいただければと思います。
使っていただけるからこそ僕の作るインテリアストーンに価値が生まれていくんです。
先に挙げさせていらだいた黒御影石の花器も花を飾っていただいて素敵な価値が生まれていったら嬉しいですね。どんなんなるんでしょう!!

こういう石の花器やオーダーメイドの花器が欲しかったって方いらっしゃれば、ご連絡お待ちしております!!

お問い合わせはこちらからどうぞ!!(有)ミナト石材インテリアストーンページ

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン動画あるってよ。

 

今年の新作インテリアライト完成!!

今年はまだインテリアライト作ってないことに気付く石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【NEWインテリアライト登場】
季節はもうすぐ春です。
春というと始まりの季節・・・・。
インテリアストーンにもシリーズが増えてきましたが、靴べらスタンドと共にこんなん作ってみたいって事でライトシリーズにも取り組んでました。
そして、ちょこちょこ空いた時間に作ってきたライトシリーズの新たな形に挑戦。
基本、こんなのがいいなーって頭の中で妄想しているものを作っているんで工程途中に自分のさじ加減(笑)でいろいろ形が変わっていきます。
その変わっていった結果が・・・・・。

黒御影石のスタイリッシュな印象にストライプ調に仕上げた石肌の重厚さを加えてみました。石肌の色と磨き上げた石の表面の違いの印象は黒御影石ならではです。なんか表現がクリエイター的な・・・・(笑)
こういう感じが好きなんですよね~。
ちなみにこういう石で作っています。

綺麗な石に新たな価値を加えていくのも僕の仕事でしょう。このままだと使ってあげられるのも限定的になってしまうけれど、インテリアストーンの原石としてなら、もっと多くの可能性をこれからも生み出してあげられるような気がします。
さあ、次の新作は何がいいかなー(笑)

(有)ミナト石材インテリアストーンあるってよ。

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン動画あるってよ。

 

 

 

 

やりたいように落語会やってます。行動したからこそ何かが変わったんだと思います。

二本松いわしろ落語会席亭石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【自分たちがやりたいように出来るのも楽しさ】
立川こしら師匠の東北ツアー二本松いわしろ落語会も6月13日(火)に第4回目の開催を迎えますが、かなりのフライング気味(笑)で仕事終わりにポスターやら作っております。
ただポスターをカッコよく作ってみたかった・・・・・。

勿論、毎回「シュールですね」と西念寺住職に笑っていただけている手書きポップも同時進行で作っています。
ポスターと一緒に見てクスッと笑ってくれたらいいっス。
(ポップの使い方を間違えているような(笑))

そして、この東北ツアーの特徴として各開催地の席亭たちが自分のやりたいように作っているオリジナルグッズ開発にも二本松いわしろ落語会は着手しております。
二本松いわしろ落語会定番といえば、缶バッチ!!
勢州屋の太田恭寿さん(@seishuya1),太田雅子さん(@yoidoreahiru)、いつも協力ありごとうございます!!
勿論・・・・今回も新たな新グッズ登場いたします!!お楽しみに!!

前回は節分でしたので「こしら師匠の節分豆」でした。

とにかくやりたいように出来ちゃうのが立川こしら師匠の東北落語会の魅力なんです(笑)
次回は西念寺本堂をお借りして開催致します!!

【アナタが動けば何かが変わる】
自分でとりあえず行動をしてみようと続けた結果、二本松いわしろ落語会の席亭となっていますが、2年前の僕では予想もしていなかった楽しい未来が訪れました。
結果はわからないもので、予測はしますが予測していなかった事が後からついてくるもの、成功も失敗も含めて。行動した者にのみ変化や革新が起こるんじゃないでしょうかね。
自分が発信者・実践する者となって、行動した先に待つのは予測もしない未来。
その反対も然りで、行動しないこと待っているのはいつも通りの未来。
とりあえずやってみっか!!って小さな動きだしでした。
だって、落語会に落語を聴きに行って打ち上げに出てから何かが動き出したんです。
そして、インテリアストーンに落語会にお祭り団体の広報担当に。
小さな一歩ですが、そのちいさな行動がキッカケで何か楽しい事が起こるかも知れません。
アナタが動けば何かが変わるはず!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

二本松いわしろ落語会といえば、立川こしら師匠のカツ丼食レポ!!

 

 

新米パパとして出来る事

息子と同じくパパ歴3ヶ月の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【もう3ヶ月経っています】
昨年の12月4日に誕生した長男「晴都」(ハルト)もあっという間に3ヶ月が経過しちゃいました。
沐浴をしていた頃は小さくか細い手でしたが、いつの間にか首も座り大きくなっているもので、一緒にお風呂に入って体を洗うのにも安定感があります。
ちょっと前だけど生まれてすぐははこんなに小っちゃかったんだね!!

小児科の先生にもスクスク育っていますと言ってもらえるくらい、大きく育ってくれています。今ではおすわりも笑顔でポージングしてくれます(笑)

そして、僕はパパ歴3ヶ月の新米ですが、お腹に長男がいるころからママとして晴都を元気に育ててくれて、お世話をしてくれているママ歴1年3ヶ月の奥さんには感謝感謝です。
僕も家族がいてくれるからこそ頑張って活動していこうって思えます。本当に頼りない新米パパですが、家族の存在に感謝です。

【新米パパとして出来る事】
きっと僕と同じ状況で新米パパの方がたくさん世の中にはいると思います。
僕自身、子供のオムツ替えやお風呂入れ、一緒に遊んだりくらいしか出来ていないので大きな事は言えませんが、子供の小さな成長を見逃さないように見守ってあげることをしていきたいと思っています。
子供のお世話はママと協力して出来ますが、子供を見ていて自分の気付いた小さな成長を奥さんに教えてあげたりとまずはじっくり楽しみながら子供と生活をしていく事を新米パパの出来る育児のひとつとしてやっていきたいですね。
そして、子供と一緒になって本気で遊んであげることがパパの役目ですので、子供の心を忘れない大人(笑)として楽しみながら新米パパ生活を過ごしていきます!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

山形県小野川温泉に行っていろいろチャレンジ動画!!

石に新たな価値を与える

加工で出た余剰分の石の価値を模索する石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【まことに惜しい石製品になれなかった石】
石の加工工程において、石の切削、石の研磨が大部分を占めるのでしょうが、石に専用の機械を使い、穴を開けるという工程もあるんです。まずはこんな感じで穴を開けるんです動画をどうぞ↓

そしてこんな形の石もその石に穴を開けるという工程で出来上がってくるんです。ちょっと三日月形になっていますが、こういう形になる理由が・・・・。

実はこの石を製作の総仕上げ、穴を3つ重ねて開けるという加工工程において出来上がるんですよね。穴が重なることで円ではない石の副産物が生まれる。

この副産物・・・・・・まことに惜しい!!あと一歩!!価値があってもおかしくない。むしろ、ここまで石製品になるために切られて、磨かれてきたのに・・・・。
だから、そんな石に価値を与えてあげるべきだと思い、インテリアストーンの原石として、楽しく面白く石を身近に感じてもらえる価値ある石にしてあげたいと思ううんですよねー。
そして、インテリアストーン「倒れそうで倒れない花器」として、この石に石のある生活を楽しんでいただける新たな価値をつけてあげることになりました!!
こんなバリエーションもありでしょう!!
ゲインストーンとのコラボも出来ちゃいます。

ちなみに、三日月型の残りは、すでにゲインストーンシリーズのインテリアストーンとして販売中なんです。
そうです!!挑戦者を苦しめてやまない「バランサー」として憎たらしく活躍してくれています(笑)

ちなみに・・・・挑戦者を苦しませている動画はこちらです(笑)

この副産物も以前は価値を見出されてなかったんです。だって余りとしか考えられてないわけです。
インテリアストーンの原石なんじゃない?ってその価値に気付いた時、石工として新たな石製品に加工してあげられたら、もっと石って楽しいモノになっていくんじゃないでしょうか。
さあ、インテリアストーンこれからも色んな可能性を模索しながら行動していきたいと思います。

(有)ミナト石材、実はインテリアストーンページがあるんだってよ!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリストーン販売中!!

Instagramやってます!!

「お墓を直す=安心してお墓参りがしたい」という事

たまに落語家さん?と勘違いされている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【よく現場仕事をしていると声をかけていただきます】
墓地で現場仕事をしていると、お墓参りにいらっしゃった方にちょっとウチのお墓を見てほしいと声をかけていただくことがあります。
そういった場合、「リフォームをどうしたらいいんですか?」「墓石が地震で傾いてて・・・。」とご相談をいただくことが多いんです。
スーツをビシッと着た営業担当の方が墓地にいると違和感がありますが、実際に工事している石工だったら話かけやすいでしょうしね(笑)
よく大工さんやハウスメーカーさんでは建てている物件が一番の営業場所で、そこを現場見学会で案内したりするわけです。そう思うと石屋も現場然りなんでしょうかね。
そして、一緒に墓地を見させていただき、どういった工法で直したほうが良いか、現状がどうなっているかをお墓のプランナーとしての視点と現場の職人としての視点で見るようには心がけています。
ただ工事をするのは誰でも出来ますが、現場もいろいろ。その場所に合ったご提案のお話をさせていただけるようにどちらかに偏りすぎず、最適な方法を見て判断させていただけるように心がけています。

【ただお墓を直すわけではない】
お墓を直すという事は、その墓地の持ち主は安心してお墓参りをしたいという思いで、僕に話をしていただいているわけです。
ご先祖様の供養の心ををこれからも大事にしていきたいという事でもあるわけです。
きっと、そのお墓参りを通して次の世代の子供達へと想いが引き継がれていくのではないでしょうか。
そういった想いを大事に守っていただくお手伝いが石屋という仕事を通して出来るわけです。
その方の考えにあった工法や工事で施工させていただき、これからは安全なお墓参り、気持ちも安心してお墓参りに来ていただくのも石屋の仕事なんですよね。

 

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!良かったら覗いてくださいな。

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!