その地域で生きていくということ

本宮市在住の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【その地域で生きていくということ】
実はもう5年です。
本宮市岩根に住宅を構えて生活をしていてその地域と共に人は生活をしていくものだと思っています。地域の団体に参加して協力させていただくことであったり、PTAなどの団体にもこれから自分の息子が幼稚園、小学校にあがっていくことで関わっていくんだと思います。
その地域には住んでいるけれど、我関せずという考え方の方もいらっしゃるかも知れません。でも僕は出来るだけ地域団体などには参加とか協力はしたほうがいいとは思っています。やりすぎはいけませんが・・・・・。
僕を例にすると。地域の方が子供の誕生を喜んでくれて、顔を見に来ていただいたりしています。そして、隣町の方からも「おめでとう。」と声をかけていただいたりしています。顔と名前を憶えていただけるだけでも地域団体、行事に参加する意義はあるのではないでしょうか。
そして、これからこの地域で僕たちの子供が遊んでいても地域の方が見守っていただける。僕も同じように見守っていく。同じ地区に住んでいても交流がない人だとなかなか声がかけずらいものです。住んでいる人がどういう人か分からないって東京のアパートやマンションでは当たり前ですが、地域の住宅を持つ親の観点から考えるとかなり怖いッス(笑)
その地域と交流することで、自分たち家族にとっても近隣の方と助け合いが出来たり、楽しい交流が出来るんじゃないかと思います。
地域が人を成長させ、地域が子供を育んでいく。
まさに言葉の通りなのではないでしょうか。自分たちだけが良ければいいという家族よりも地域と協力させていただく生活をしていくことで、多くの良識や経験を積んでいける。子供たちにとってのひとつの情操教育の場ともなっていくものです。
その地域で生きていくという事は、地域と協力し共に歩んでいくことで自分たち家族の成長、子供たちの成長をしていくための欠かせない日本人が持つ心の豊かさを高めていくことなのかも知れませんね。
この機会に地域との付き合い方、自分が現在、地域との距離感とかあり方、どういう状況考えてみてはいかがでしょうか?

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

本宮市のグルメ食レポたまにやってます!!

 

nbsp;

石と共にある生活に価値が生まれてくれたら嬉しい

インテリアの石も作っている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【石屋なんでインテリアも石でつくりますよ】
ブログのタイトル写真にも使っている写真は僕が作っているインテリアストーンの実例の一部なんですが、新築祝いの贈り物や誕生日プレゼント、面白い試みに楽しみながらオーダーをいただいたりしています。

酒屋さんや本宮の有名シェフの方とコラボをさせていただいたり、ゲインストーンエボリューションシリーズには立川こしら師匠とタッグを組ませていただいた「イングレスゲインストーン」もあるんです。

そして、メルカリにて絶賛販売中なんです!!
メルカリ:イングレス仕様ゲインストーン販売
そして、今日はこんな投稿も・・・・

落語会でお世話になっている西念寺様もインテリアストーンを気に入っていただき靴べらスタンドや、インテリアストーンライトシリーズをご納品させていただいています。
そして、この靴べらスタンド・・・本宮市内のお客様のご自宅玄関や本宮市東町にあります本宮幼稚園本宮教会様にも置いていただいており、石が身近にある生活を楽しんでいただいています。

【石に新たな価値を】
例えばウイスキー・・・・・。
ウイスキーって色んなチャレンジがされているお酒です。
樽をバーボンを熟成させた樽で寝かせたり、ワインを熟成させた樽で寝かせたり、色んな挑戦がされている。8年熟成から30年なんてものも・・・・。そして、新たな価値が生まれ続けているお酒だと思っています。
石だって同じこと。ゲインストーンや車輪止めを作ったり、インテリアを作ったりと自由に挑戦をしていいはず。

同業者の方から「よくやるよね。」って言われるくらいに独自の新しい価値を発信していくことも自由にしていいんだと思います。
会う人に「ゲインストーンって・・・」って聞かれることが増えてきたりもしたりと(笑)
たまには楽しくお客様と笑いながら打ち合わせして笑えちゃう石製品をお届けすることも価値だって思いますから。そんなユルい感じで僕のインテリアストーンも(有)ミナト石材のお仕事として認めていただけたらありがたいッス!!押忍!!

(有)ミナト石材インテリアストーンページもあります!!

ハンドメイドサイト「Creema]にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

福島県で立川こしら師匠がカツ丼を食らう

 

 

 

石屋さんのリピーターも・・・一緒に何度も楽しむ、楽しんでいただけるリピーターでいいんでないすか?

とある落語家さんが二本松岳音泉に来るそうで3月が楽しみな石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石材業においてリピーターって?】
石材業において「リピーターとは?」と考えてみると戒名彫刻の追加彫刻、墓地の清掃や十数年前にお墓を建てていただき、既存のお墓を草が生えないように周りの石(外柵)を新築したりといったところ。既存のお客様からご紹介をいただくことも一つのリピートかも知れません。
きっと石屋さんの中にはリピーターという考え方は皆無という考え方の方もいらっしゃるかも知れません。

【一緒に楽しむリピーターでもいいんでないすか】
僕が好きで開催させてもらっている「二本松いわしろ落語会」も過去3回毎回かかさず来ていただける方、2回目の方、たくさんいらっしゃいます。一般のお客さんは勿論、当社のお客さんも勢州屋のお客さんも落語を楽しみに来ていただいています。これってまさにリピーターですよね。
そして、来ていただいた方に楽しんでいただけるようにオリジナルグッズとかも開発しちゃったりね(笑)
せっかくの節分だから「節分豆!!」と「缶バッチ!!」とかね。豆の梱包は夫婦の共同作業でした(爆)


そして、僕の打ち合わせさせていただいているお客様もお話させていただいたら、落語がお好きで次回開催を楽しみにしていただております。石材業をしている身分として、お客様に喜んでいただくという事は「良いお墓をお届けする」や「安心してお墓参りに行っていただく」といった事のみを考えてきたところがありましたが、当社を選んでいただいたお客様と一緒に「楽しい」をリピートしていける関係性になれたら嬉しいし、3回開催の落語会を通して、そんな関係性に向けて前進してきたんじゃないかななんて思います。まあ、まだまだ始まったばかりのイベントです。これから開催を続けていく度に、いろんな楽しいや気付きがあったら嬉しい。押忍。

福島民報にも落語会記事を掲載していただきました。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイドサイトCreemaにてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン石積みクリエイターの挑戦は続く!!

つけ焼き刃よりも積み重ねていくことが大事なのかもね

手仕事の現場で久しぶりに筋肉痛の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

つけ焼き刃で行動しても物事がうまくいかないという事がよくあります。落語の世界でもそう。まあ、もともと説法が起源と考えられているので、戒めとして面白おかしく進化してきたんでしょうかね。
その中から・・・「子ほめ」をご紹介。

「子ほめ」とは・・・・・

ご隠居さんのもとタダの酒があって飲めると思って、訪ねてくるお調子者熊公。実際はタダではなく灘の酒であり、「タダで酒を飲みたいなら世辞愛嬌を覚えなさい。」とご隠居さんからご享受いただくことに。目上の人の褒め方、子供の褒め方、つけ焼き刃で上手くいくはずもなく、友人のもとに生まれた赤子を褒めに友人の竹さんのもとへ・・・
詳しくはこちらで聴いてみてくださいな。

積み重ねていく事が大事

初めは誰でも上手くいかないことのほうが多いわけです。むしろ初めてで上手くいく人がいたら、天才か器用な人だと思う。僕は不器用なんでなおさら・・・・・(笑)
僕の作らさせていただいている「ゲインストーン」も楽しみながら積んでいただける方がいるからこそ価値が高まるものです。
img_20160602_1802021
1日2日で爆発的な人気が出る商品でもないと思っています。でも、その石を抱えて温泉宿に落語を聴きに行ったり、セミナー会場に持っていったりと体験してもらえてこその価値があるんだと思っています。つうか、石をバッグにしまいこんで行動している石のぶつかるカラカラ音を鳴らしながら歩いている姿は異端です(笑)
まあ、その結果いろいろ動画も出来るわけですが・・・・・
そして、その様子を動画にして発信していく。
小野川温泉にて立川こしら師匠が挑戦!!

若き石積みクリエイターが挑戦!!

色々なトリックを決めて、価値を高めていく!!


価値を高めていくこと、続けていくことでつけ焼き刃ではない楽しさの価値が高まってくると思っています。そして、そうなれるように経験とか、体験を積み重ねていくわけですが、まずはゆっくりとゆるく楽しみながら高めていかればいいなぁと思っています。だって、僕のインテリアストーン、ゲインストーンは楽しくないといけないんです。自分が楽しくないといけないんでゆっくり積み重ねていきたいと思います!!押忍!!
そして、一人の石工として経験を積み重ねてしっかりとしたお墓を提案、お渡し出来るように頑張っていきますYO!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

 

 

「石屋と落語」リンクするのも自分次第

最近、「お見立て」を聴いている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

「お見立て」とは・・・・・
吉原遊郭の花魁(おいらん)の喜瀬川のもとへ杢兵衛(もくべい)が来る。嫌われているのも知らず、年季が明けたら夫婦になると勝手に言う始末。
喜瀬川が若い衆の喜助にあれやこれやと会いたくない言い訳を言わせるが、なかなか杢兵衛も引き下がらない。「面倒だから亡くなったことにしてしまい!!」最後には「花魁は死んだ」と言うことになってしまう。死んだなら墓があるだろうと墓に案内することに・・・・。亡くなっていないのだから、お墓はないが適当なお墓を案内することに。ここからは実際に聴いてみてくださいな。
初めての人も分かりやすく落語THE MOVIE版をどうぞ。

落語会に来ていただいた方とのご縁
落語会を開催させていただき、奥会津の昭和村から立川こしら師匠の落語会次回開催予定の方が寄席を聴きに訪れてくれたり、子育てを頑張るママが自分の誕生日のご褒美として初めて聴く落語を楽しみに来場いただいたり、過去2回の開催にご来場いただき、3回目は大切な人をお連れして笑いで元気づけてあげたいと落語会を楽しみにしていただいたり、開催するごとにいろんなストーリーが生まれているように思います。来ていただいた方が楽しんでいただけることが本当に嬉しいッス。
IMG_0262
そして、落語会にご来場いただいた方や落語会のイベントを通して本業である石材業でのご依頼やインテリアストーンオーダーのご依頼をいただくこともあります。しっかりとした石にまつわる仕事をさせていただき、次回も落語会を気兼ねなく楽しんでいただけるようにするのも石工の仕事です。自分が好きな事を楽しんで、お仕事のご縁をいただけることに感謝を申し上げます。

「石屋と落語」・・つながるかどうかは自分次第
きっと定期的に落語会を主催している石屋さんはきっと僕だけだと思います(笑)「開催して意味があるの?」なんて思う人もいるかも知れないけど、スマートフォンやSNSが普及した時代。誰もがメディアとしてクリエイターとして発信できる時代に今までの業界のこうあるべきという常識にとらわれるか、新しい石屋のあり方の1つとして模索し、新しいつながりを自らが行動して構築していく事が大事になっていくのでは?と落語会を開催してから考えるようになりました。あまり接点がないように感じられる「石屋と落語」、従来はリンクしていないものが、新しい価値としてリンクしていくかどうかは自分次第。
そして、新しい何かを始めたい人や文化・慣習に新しい風を巻き起こしたい人は一度、立川こしら二本松いわしろ落語会の寄席に来てみてはいかがでしょうか。難しい顔して「なじょすっぺー?」、「これどうだべ?」もいいけれど立川流落語で大笑いする楽しい体験をから、新しいヒントが出てくるかも知れませんよ。アイディアは楽しいほうを採用すべきだと思いますから。
そして、次回開催は2月3日(金)「節分の日」
「大寒」から「立春」へ、季節は冬から春へと歩み始める時期です。立川流落語を聴いて、大笑いしながらちょっと変わった節分の日を過ごしてみませんか。
Facebookイベントページはこちらから!!参加表明もこちらから!!

第3回立川こしら二本松いわしろ落語会Facebookイベントページ

平成29年の二本松いわしろ落語会の寄席ももうすぐスタートです!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

 

 

 

 

冬の朝、薪ストーブの前で思う。

日曜の朝は薪ストーブの前から始まる石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

IMG_0225

薪ストーブも進化している
小さい頃のイメージってススで黒くなった煙突がついていて、ススで真っ黒な本体がついていて・・・山奥の小屋にだけあって・・・・みたいなイメージが僕の中ではありました。でも、薪ストーブオーナーになった今日この頃、現代の薪ストーブって進化をしてきたんだなと思います。
煙突も断熱材が組み込まれた「二重断熱煙突」になっていて煙突が冷えにくくなっています。煙突が冷えてしまうとススがたまったり、上昇気流が起きず煙の逆流、燃焼効率の低下があるんです。
IMG_0226
本体後方に見える小さなレバーが「バイパスダンパー」と呼ばれるレバーの操作で薪の燃焼効率を抑えたり、薪に含まれる炭素ガスをフル活用した燃焼方法を実現しています。下の写真に燃焼方法の説明があります。
IMG_0227

IMG_0228

その時代、ライフスタイルや慣習に合った形へと進化、適応している薪ストーブだからこそ今でも多くの薪ストーブにライフに憧れる人に使いやすさと便利さを提案できているんだと思います。そして、これは他のことでもいえるのかも知れません。

その時代に合った形で引き継がれていく
僕たちの生活、仕事、文化は「温故知新」に満ち溢れているものです。先人が残した技術、知恵、文化を知り、そこに新しい情報、知恵、在り方というエッセンスが加わって、その時代に合った形にアップデートしていくことで継承され、伝えられているんです。ただ、その中心の核となる物や想い、文化や人の心は変わらないモノです。その変わらないモノを守り、後世に引き継いでいくには核のまわりをその時代に合った形に変えていくことも必要だということなんでしょう。

そんな事を薪ストーブの前で思い、ブログ更新!!

本日も楽しい1日を!!!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

インスタやってます!!

 

腕枕でぐっすり寝る息子。 #パパっ子にするぞ大作戦 #baby #熟睡 #sleep #腕枕

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –

ゲインストーン体感せよ!!

郡山市喜久田「ぜん」さんで美味しい食事とお酒を楽しみましょう。

男気ジョッキが大好きな石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

これが男気ジョッキー!!!
ハイボールが入ってるんで「男気ハイボール」!!
男気ジョッキの本来の姿は下のInstagram画像です。
IMG_0183

男気ジョッキと顔のサイズが同じ~ 相変わらずデカいジョッキだ~

湊純人さん(@encore20101020)が投稿した写真 –


そして、こちらの動画をどうぞ!!

15050264_713510352136687_1574705135_n

15049547_713510355470020_1436306050_n

立川こしら師匠と食レポ動画撮影に行かせていただいたり、消防団の皆さんと楽しく食事に行ったりとお世話になっています郡山市喜久田堀之内で営業されていますお食事処「ぜん」さん。蔵を改装して造られたお店はアットホームながら大人の隠れ家を連想させてくれるような落ち着いた雰囲気でご友人、大切な人と楽しくお酒、食事を楽しみたいって方は一度行ってみてはいかがでしょうか。
僕の以前のブログ「石一段目ブログ」でもお邪魔させていただいた記事があります。ご紹介させていただきます。

石一段目ブログ「ぜん」さんに行った記事

「ぜん」さんの食べログ記事もどうぞ!!

お食事からおつまみ、他にはないドリンクメニューと多彩なメニューも「ぜん」さんの魅力ともいえます。僕もまだまだ食べていないメニュー、おつまみがたくさんあるわけで、何度お邪魔させていただいても楽しみがある素敵なお店です。

参考までに・・・・
カレーメニューとランチメニューを掲載させていただきます。
まずはお食事に行ってみてはいかがでしょうか。
14997010_990502924412743_299165148_n

 

14971780_990502911079411_1621775499_n

14961313_990502861079416_1266677385_n

ドリンクメニュー、アルコールメニューは行ってからのお楽しみにー!!

またお邪魔させていただきまーす!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

 

 

 

 

落語THEMOVIEを入口にして落語会に行ってみませんか。

超入門!落語 THE MOVIEにハマる石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

超入門!落語 THE MOVIEとは
落語というと「長い」「単調」「難しい」といわれがちな落語に演者さんの「アテブリ芝居」をかぶせて、落語家さんがしゃべっている音声のまま、その場面を映像化していく新しいジャンルのエンターテインメント。
NHK水曜 午後10時50分~午後11時15分

落語を初めて聴くという方にも映像が流れることでイメージがつきやすいし、ネタのあらすじをつかむことが出来ます。実際の寄席では、もうちょっと長く噺が続いたりもします。落語を聴く門戸が広まったように感じます。聴くきっかけがなければ、始まりませんからね。

聴き慣れたらライブの落語を体験
映像で落語を聴き慣れたら、ライブで落語を聴ける場「寄席」に行ってみると良いでしょう。TV、Youtubeで聴き慣れることは入口としてはベストですが、映像と音声のみという情報量しかないわけです。
ライブの落語では噺家さんの息遣いやスピード感、臨場感、迫力のある登場人物たちを演じ切る巧みな話術は画面の前では体感出来ないリアルの熱量を感じることが出来るんです。本当にライブの落語という場の情報量は本当に多い。だからこそ「落語」という文化が活き続けているんだと思います。ものは試しに寄席の場に行ってみてはいかがでしょうか。

東京まで行かなきゃいけないの?
じゃあ、寄席に行ってみよう!!
でも東京に行かないと聴けないよね・・・・・・?

【安心してください!!やってますから!!】
東京で寄席に行って僕だけが楽しんじゃうよりも、噺家さんに来ていただいて落語を楽しんじゃおうと始まった企画。好きな落語家さんに来ていただいて地域の皆さん、僕の好きな人たちに楽しんでいただこうと福島県二本松市を中心に寄席を開催しています。
来ていただける落語家さんは勿論・・・・・・・
立川流真打「立川こしら」師匠。東京を中心に全国各地で落語会を開催し、古典落語を現代の若者が共感できるような新しい切り口で創りあげている人気落語家さん。オーストラリア・スペインと海外公演も開催する落語会のファンタジスタが東北の冬を熱くしにやってきます!!

2月3日「節分の日」を熱くしに二本松市に~!!
「第3回立川こしら二本松いわしろ落語会」Facebookイベントページ↓
第3回立川こしら二本松いわしろ落語会イベントページ

%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%89%ef%bc%91

img_0164

「二本松じゃないッス」ってアナタもご安心ください!!
福島県会津若松にて!!
第5回立川こしら会津落語会

山形県小野川温泉「鈴の宿 登府屋旅館」にて!!
第7丁 寄席どうふ

(有)ミナト石材最新情報日々更新中!!

インスタグラムやってます!!