石屋さんだってお客さんと一緒に楽しみたい。落語会やります!!

次回の二本松いわしろ落語会のオリジナルグッズを考え中の石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石屋さんだってお客さんと一緒に楽しみたい】
昨年から始めさせていただいた地域に東京で活躍されている立川こしら師匠を呼んで落語を楽しむ・楽しんでいただく「二本松いわしろ落語会」。

石材業をしていると、良いお墓、石製品を提供し喜んでいただくことは当たり前、建てていただいたお墓は一生のお付き合い、墓守としてお客様とのお付き合いが続いていきます。
一生のお付き合いならそこに「楽しむ」という事を付け加えてもいいんじゃないかな。僕は楽しみながらやりたい人なんで(笑)
お世話になったお客さんに楽しんでいただけて、石屋の僕自身も楽しく大笑いしちゃうようなお客さんとの関係性を築いていく事をこの落語会の主催者として目指していきたいですね。

【立川こしら師匠の落語東北ツアー決定!!】
今年の6月、立川こしら師匠に来ていただけるようになりました。二本松いわしろ落語会は6/13(火)です。
詳しくは下のFacebookイベントページから!!
今回も各地で席亭(主催者)が名乗りをあげていただき・・・・・・・
「只見~会津~米沢~須賀川~二本松~天童」と東北を6DAYS駆け抜けていただきます!!

落語は現在、Youtubeでも聴けて気軽に楽しんでいただける娯楽となっています。でも、落語はライブ(生)で聴くもの。噺家さんの息遣い、後半に向けてギアが上がっていく熱さ、聴いている僕たちにも高揚感が生まれる。温度がそこには存在します。
そして、ライブの魅力は「ご当地感」。その場所でしか聴けないマクラであったり僕たちにとって当たり前の日常をこしら師匠の過激なスパイスのようなディスリで面白おかしく、会場はいつも大盛り上がり。
この機会に是非、ライブの落語体感いただければと思います!!

イベントページはこちら↓
水無月だよ!!第4回立川こしら二本松いわしろ落語会Facebookページ

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

立川こしら師匠ソウルフードを食らう!!

 

 

「石で音を楽しむ」という価値

日曜日はモーニングブログ好きの石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

iphone用スピーカーNo2出来ました】
とある感動のSNSの投稿との出会いがきっかけで作り始めました御影石で作るiphone用スピーカー。
まずはいろいろ作ってみたいということで、No2出来上がりました。

iphoneを立たせられるようなデザインのほうが画面操作がしやすいとか音楽の映像も見れて、なんかカッコいいッス。

6月のインテリアストーン展示販売イベントまでには実物で石のスピーカーの体験や販売が出来るようにインテリアストーンNEWシリーズとして仕上げていくのが現在の目標です!!押忍!!

【石で音を楽しむ】
アナタの日常生活の中に多く存在する音。その音でアナタがリラックスしたり気分を高揚させたり・・・・。
アナタが楽しむその音に「石のある生活」を1つ付け加えてみてはいかげでしょうか。
インテリアストーンの目指していく石の新たな価値には「石のある生活」と共にゲインストーンのように石を積んで楽しんでもらう「石を楽しむ」という想いがあります。

そこにアナタの日常を彩る「音」を付け加えていただいて楽しんでもらう。
「石で音を楽しむ」をこの御影石のスピーカーの新たな価値としてインテリアストーンを作っていって、皆さんの好きな空間、アナタの大切な人の日常に石と音を楽しんでもらうお手伝いが出来たら僕は嬉しい。
さあ、御影石で作るiphone用スピーカー、まだまだ始まったばかりです!!

(有)ミナト石材インテリアストーン展開中!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン展示販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン挑戦は集中力を高め、自分自身との戦いとなる!!二本松・本宮の勢州屋さんにて挑戦できます!!

 

 

 

東北落語会に新たな噺家さん登場!!そして、6月落語東北ツアーが再び!!

日曜日に落語、いや、ドキュメンタリーをライブで聴いた石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【鈴の屋直吉さんの初お披露目】
岳温泉「光雲閣」にて山県若旦那、いや、鈴の屋直吉さんの落語、いや、ドキュメンタリーを拝聴させていただきました。いやー、笑った!!

立川こしら師匠の東北落語会席亭(主催者)にして、噺家としてもデビューをされるという・・・まさに独自化!!途中、二本松いわしろ落語会と主催者の石屋もご紹介いただくというライブならではご当地感満載でした。終了後にご来場されていたお客様から落語会のご予約を1件いただくという展開も!!あざす!!
初高座デビューのいきさつから噺家デビューの感想は登府屋旅館ブログでご本人が解説していただいています。

小野川温泉 「鈴の宿登府屋旅館」HPとブログ

噺家デビューおめでとうございます!!そして、緊張と興奮の中、安達太良山が揺れるくらいの大爆笑ありがとうございました!!

【次は6月に落語会東北ツアーが待っている!!】
鈴の屋直吉さんの落語の興奮冷めないままに次回の落語東北ツアーに向けて、二本松いわしろ落語会も立川こしら師匠をお呼びしての第4回の開催が決定致しました!!(第1回開催からまだ1年経過していないのが凄いッス)
会津、只見、須賀川、二本松、天童温泉、小野川温泉が参戦予定で日程を調整中です!!
この東北ツアー、各開催地においてその落語会でしかもらえないオリジナルグッズやこしら師匠と一緒に打ち上げが出来ちゃうといった来ていただいた方に楽しんでもらいたいというプラスワンの多い落語会となっています。


僕たち、二本松いわしろ落語会も毎回楽しみにしてご来場いただいている方、僕のお世話になったお客さんで次回行ってみたいという方たちが大笑いして楽しんでいただけるように、みんなで一緒にライブの落語会楽しんで笑いで元気になっていただけるように準備をしていきたいと思います!!

さあ!!春も落語会が東北にやってきます!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイドサイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

二本松いわしろ落語会といえばカツ丼食レポ!!

 

 

 

家族に感謝。

3ヶ月になる息子の体重を聞いて驚愕の石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【初めての家族写真】
先日、長男晴都が生まれてから初めての家族3人の写真を岳温泉で撮ることが出来ました。これからたくさんの家族写真を撮っていくんだろうと思いますが、最初の1枚って結構思い出に残るもんですよね。そんな最初の写真を素敵な感じに撮っていただいたカメラマンの山形若旦那遠藤直人さん(@Naaot)、最高の写真あざす!!

奥さんの笑顔を見ていると改めて思いますが、奥さんには本当に感謝しています。
こんな僕と結婚してくれたこと、晴都を元気に産んでくれたこと、いつも晴都の日々の成長を僕に教えてくれること、頼りないけど僕をパパにしてくれたこと、もう立派なママになっていること、僕に今日も頑張ろうって気持ちにさせてくれるのは家族の存在があるからこそだと思います。
家に帰って3人で川の字で寝ているときに同じ向きで同じ顔をして寝ている奥さんと息子を起こさないようにそっと見ている何気ないこの日常がとても好きです。
僕を応援してくれる奥さんと、これから成長していく息子の存在に支えられながら僕は石材業を頑張ってやっていかなきゃです。自分が仕事をしてお客様に喜んでもらえることと同じように、家族が笑顔で過ごせるように僕自身も楽しみながら家族への感謝の気持ちを忘れずに明日も頑張っていきまーす!!
今日はこんな感じで。奥さんと子供に感謝感謝。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

山形若旦那!!かつ丼食レポ動画岳温泉「成駒」さんにて!!

 

 

インテリアストーン製作中~完成です。

チャラチャラと石でいろいろ作る石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【製作中のインテリアストーン完成です】
製作中のインテリアストーンも研磨の工程に・・・・・。ポリッシャーと呼ばれる石を手作業で磨く工具を使い、砥石の番数を上げながらピカピカに磨いていきます。中学生時代、男子なら授業で使ったお馴染みの紙やすり、あれも紙の目の粗いものから始まり、細かいサラサラしたもので仕上げていく、そんな感じです。石を磨いていくのも。
この手前の拳銃的(笑)な工具がポリッシャーです。ただポリッシャーで磨いていくと砥石がズレて傷になってしまったり均一に綺麗な石の表面が出来上がらないんです。そこもやっぱり経験してみないと分からない、使い続けないと分からない、「習うよりも慣れろ」と見習いの頃によく言われた気がします(笑)そいいうもんです。職人仕事。

ただただ磨くと綺麗に仕上がらないので、磨いていく部分に赤くマーキングをして色付けした部分を平らに均一にポリッシャーで磨いていきます。赤い色が残っていると、そのポイントは磨けていないし、凸凹している目安になるんです。そんな感じで最後の研磨の工程まで磨いていくとこんな感じに仕上がります↓

そして、仕上げに穴を開けていきます。こんな感じに

そして、インテリアストーン靴べらスタンド「浮金」が完成です。やっぱり黒御影石で作る石製品はスタイリッシュに引き締まって見えます。

ちなみに白御影石で作るインテリアストーンは優しい柔らかい印象があるように作っていて感じます。

そして、この靴べらスタンドが、お客様のご自宅や友人の新築祝いの贈り物、有名落語家さんの誕生日プレゼントとしてお使いいただいています。石でいろいろ作ってお客様に喜んでいただくのも石工のお仕事でしょう。
ちなみに本宮市では、本宮市東町の本宮教会様やお世話になったお客様のご自宅でご愛用いただいております。

(有)ミナト石材、インテリアストーンやってます!!

ハンドメイド販売サイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン動画どうぞ!!

 

自分たちの歴史(ルーツ)を語り継ぐ場所として

本宮市で石工事を通してご家族の幸せづくりを提案をしたい石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【自分たちの歴史(ルーツ)を語り継ぐ場所として】
お墓参りに行った際に、亡くなられた故人を思い出しその方を想い、語り継いでいただけるということは、故人への一番の供養だと僕は思います。そして、自分のルーツを語り継いでいくという事は僕たち世代にとっても大事なんです。
自分が今、この時代に生を受けたのは産んでくれた両親、祖父母、ご先祖様がいてくれたからこそなんです。そして、その自家のルーツをしっかりと次の世代に伝えていただける場所がお墓なんです。そのお墓の墓誌に刻まれた戒名、お石碑の裏に刻まれた建立者名、脈々と受け継がれてきた自家の歴史を物語っているものです。両親や祖父母から聞くご先祖様の存在は目で見えないモノかも知れません。目に見えないモノに美徳を感じる日本人としての精神文化を守り、脈々と実践していくのがお墓参りの真理なのかもしれません。それは自家の歴史を引き継いで自分たちの子供達といった次の世代へと語り継いでいくための僕たちの一つの道程ともいえます。

【情操教育の場として】
お墓参りを多くしている県ほど、少年犯罪の発生件数は少ないそうです。「ご先祖様がお空から見ているから悪い事はしちゃだめだよ。」、「ご先祖様がいてくれたから、今僕たちはここにいるんだよ。」と子供に教え聴かせ、ご先祖様への感謝の気持ちをもって手を合わせることをお墓参りを通して実践されているんでしょうね。近年、少年少女の凶悪犯罪がニュースで取り上げられますが、優しい心をもって自分のまわりの人たちへの感謝の気持ちをもつことをお墓参りを通して伝えていくことで優しい社会になることを願うばかりです。
スマートフォンやインターネットが普及し情報が溢れる現在、目に見えるモノだけが確かな事実となっています。人の命は蝋燭の火のように亡くなって消えてしまうものではなく、自分の心の中で目に見えない精神世界として活き続け、アナタの心に思いやりという優しさが芽生えてくるものです。お墓づくりという職業を通して、そんな優しい心をもった子供たちの情操教育づくりのお手伝いが出来たら嬉しく思います。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイドサイト「Creema」にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

こんな石製品もあります。

 

 

 

石と共にある生活に価値が生まれてくれたら嬉しい

インテリアの石も作っている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

【石屋なんでインテリアも石でつくりますよ】
ブログのタイトル写真にも使っている写真は僕が作っているインテリアストーンの実例の一部なんですが、新築祝いの贈り物や誕生日プレゼント、面白い試みに楽しみながらオーダーをいただいたりしています。

酒屋さんや本宮の有名シェフの方とコラボをさせていただいたり、ゲインストーンエボリューションシリーズには立川こしら師匠とタッグを組ませていただいた「イングレスゲインストーン」もあるんです。

そして、メルカリにて絶賛販売中なんです!!
メルカリ:イングレス仕様ゲインストーン販売
そして、今日はこんな投稿も・・・・

落語会でお世話になっている西念寺様もインテリアストーンを気に入っていただき靴べらスタンドや、インテリアストーンライトシリーズをご納品させていただいています。
そして、この靴べらスタンド・・・本宮市内のお客様のご自宅玄関や本宮市東町にあります本宮幼稚園本宮教会様にも置いていただいており、石が身近にある生活を楽しんでいただいています。

【石に新たな価値を】
例えばウイスキー・・・・・。
ウイスキーって色んなチャレンジがされているお酒です。
樽をバーボンを熟成させた樽で寝かせたり、ワインを熟成させた樽で寝かせたり、色んな挑戦がされている。8年熟成から30年なんてものも・・・・。そして、新たな価値が生まれ続けているお酒だと思っています。
石だって同じこと。ゲインストーンや車輪止めを作ったり、インテリアを作ったりと自由に挑戦をしていいはず。

同業者の方から「よくやるよね。」って言われるくらいに独自の新しい価値を発信していくことも自由にしていいんだと思います。
会う人に「ゲインストーンって・・・」って聞かれることが増えてきたりもしたりと(笑)
たまには楽しくお客様と笑いながら打ち合わせして笑えちゃう石製品をお届けすることも価値だって思いますから。そんなユルい感じで僕のインテリアストーンも(有)ミナト石材のお仕事として認めていただけたらありがたいッス!!押忍!!

(有)ミナト石材インテリアストーンページもあります!!

ハンドメイドサイト「Creema]にてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

福島県で立川こしら師匠がカツ丼を食らう

 

 

 

石屋さんのリピーターも・・・一緒に何度も楽しむ、楽しんでいただけるリピーターでいいんでないすか?

とある落語家さんが二本松岳音泉に来るそうで3月が楽しみな石屋の純人です。(@isiyasumihito)

【石材業においてリピーターって?】
石材業において「リピーターとは?」と考えてみると戒名彫刻の追加彫刻、墓地の清掃や十数年前にお墓を建てていただき、既存のお墓を草が生えないように周りの石(外柵)を新築したりといったところ。既存のお客様からご紹介をいただくことも一つのリピートかも知れません。
きっと石屋さんの中にはリピーターという考え方は皆無という考え方の方もいらっしゃるかも知れません。

【一緒に楽しむリピーターでもいいんでないすか】
僕が好きで開催させてもらっている「二本松いわしろ落語会」も過去3回毎回かかさず来ていただける方、2回目の方、たくさんいらっしゃいます。一般のお客さんは勿論、当社のお客さんも勢州屋のお客さんも落語を楽しみに来ていただいています。これってまさにリピーターですよね。
そして、来ていただいた方に楽しんでいただけるようにオリジナルグッズとかも開発しちゃったりね(笑)
せっかくの節分だから「節分豆!!」と「缶バッチ!!」とかね。豆の梱包は夫婦の共同作業でした(爆)


そして、僕の打ち合わせさせていただいているお客様もお話させていただいたら、落語がお好きで次回開催を楽しみにしていただております。石材業をしている身分として、お客様に喜んでいただくという事は「良いお墓をお届けする」や「安心してお墓参りに行っていただく」といった事のみを考えてきたところがありましたが、当社を選んでいただいたお客様と一緒に「楽しい」をリピートしていける関係性になれたら嬉しいし、3回開催の落語会を通して、そんな関係性に向けて前進してきたんじゃないかななんて思います。まあ、まだまだ始まったばかりのイベントです。これから開催を続けていく度に、いろんな楽しいや気付きがあったら嬉しい。押忍。

福島民報にも落語会記事を掲載していただきました。

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

ハンドメイドサイトCreemaにてインテリアストーン販売中!!

Instagramやってます!!

ゲインストーン石積みクリエイターの挑戦は続く!!

「石屋と落語」リンクするのも自分次第

最近、「お見立て」を聴いている石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

「お見立て」とは・・・・・
吉原遊郭の花魁(おいらん)の喜瀬川のもとへ杢兵衛(もくべい)が来る。嫌われているのも知らず、年季が明けたら夫婦になると勝手に言う始末。
喜瀬川が若い衆の喜助にあれやこれやと会いたくない言い訳を言わせるが、なかなか杢兵衛も引き下がらない。「面倒だから亡くなったことにしてしまい!!」最後には「花魁は死んだ」と言うことになってしまう。死んだなら墓があるだろうと墓に案内することに・・・・。亡くなっていないのだから、お墓はないが適当なお墓を案内することに。ここからは実際に聴いてみてくださいな。
初めての人も分かりやすく落語THE MOVIE版をどうぞ。

落語会に来ていただいた方とのご縁
落語会を開催させていただき、奥会津の昭和村から立川こしら師匠の落語会次回開催予定の方が寄席を聴きに訪れてくれたり、子育てを頑張るママが自分の誕生日のご褒美として初めて聴く落語を楽しみに来場いただいたり、過去2回の開催にご来場いただき、3回目は大切な人をお連れして笑いで元気づけてあげたいと落語会を楽しみにしていただいたり、開催するごとにいろんなストーリーが生まれているように思います。来ていただいた方が楽しんでいただけることが本当に嬉しいッス。
IMG_0262
そして、落語会にご来場いただいた方や落語会のイベントを通して本業である石材業でのご依頼やインテリアストーンオーダーのご依頼をいただくこともあります。しっかりとした石にまつわる仕事をさせていただき、次回も落語会を気兼ねなく楽しんでいただけるようにするのも石工の仕事です。自分が好きな事を楽しんで、お仕事のご縁をいただけることに感謝を申し上げます。

「石屋と落語」・・つながるかどうかは自分次第
きっと定期的に落語会を主催している石屋さんはきっと僕だけだと思います(笑)「開催して意味があるの?」なんて思う人もいるかも知れないけど、スマートフォンやSNSが普及した時代。誰もがメディアとしてクリエイターとして発信できる時代に今までの業界のこうあるべきという常識にとらわれるか、新しい石屋のあり方の1つとして模索し、新しいつながりを自らが行動して構築していく事が大事になっていくのでは?と落語会を開催してから考えるようになりました。あまり接点がないように感じられる「石屋と落語」、従来はリンクしていないものが、新しい価値としてリンクしていくかどうかは自分次第。
そして、新しい何かを始めたい人や文化・慣習に新しい風を巻き起こしたい人は一度、立川こしら二本松いわしろ落語会の寄席に来てみてはいかがでしょうか。難しい顔して「なじょすっぺー?」、「これどうだべ?」もいいけれど立川流落語で大笑いする楽しい体験をから、新しいヒントが出てくるかも知れませんよ。アイディアは楽しいほうを採用すべきだと思いますから。
そして、次回開催は2月3日(金)「節分の日」
「大寒」から「立春」へ、季節は冬から春へと歩み始める時期です。立川流落語を聴いて、大笑いしながらちょっと変わった節分の日を過ごしてみませんか。
Facebookイベントページはこちらから!!参加表明もこちらから!!

第3回立川こしら二本松いわしろ落語会Facebookイベントページ

平成29年の二本松いわしろ落語会の寄席ももうすぐスタートです!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

Instagramやってます!!

 

 

 

 

今年2回開催した落語会から思う。

息子の沐浴がぎこちない石屋の純人です。
(@isiyasumihito)

まずは、今年の夏から秋にかけて2回開催した「立川こしら二本松いわしろ落語会」に参加、協力していただきました皆様、本当にありがとうございました。そして、いろんな無茶ブリも聞いていただきながらライブの落語の魅力を体感させていただいた立川流真打「立川こしら師匠」に心から感謝を申し上げます。
imgp41711
やりたいからやってみようという軽いノリが、落語という文化が身近とは言えないだろう地域であっても、物は試しにと来てくれた方が「落語って楽しいね」とか、「チケットまた売りつけに来てください。」、「また開催してください!!」と楽しんでくれて、その後に落語会の楽しかった話をしたりして仲良くなれるきっかけになって本当に良かった。自分が楽しいと思う事を自分だけじゃもったいないからみんなで楽しんじゃおうって行動、イベントを開催することは新しい何かを始める時に大事だなって感じました。ムズカシイ顔して意見出し合うことも大事だけど、楽しい会話の中から生まれる気付きとか閃きが新しい行動、更なる楽しみに結びついてくるのかもしれません。
そして、「落語=東京に聴きに行くもの」を地域でも落語家さんを呼んで寄席を出来るって既成事実を築きあげられたと思います。僕は「お寺」での落語会でしたが、ほかにも「古民家」「旅館」「美容室」とその地域に根付く場所が寄席の会場となる。当たり前のボーダーラインが分からなくなってきたこの時代、落語会の主催者をしている石屋の変な弟がいてもおかしくないし、むしろ変化を恐れてしまって行動しなければ何も始まらないのかも知れません。やろうと思っているのはやっていないのと同じなんです。とにかく行動してこそ始まるんです。その行動したきっかけで落語会主催者となったり、ゲインストーンプランナーになったりしているわけです。
この落語会開催を通して思うことは、来てくれた皆さんが楽しんでくれたこが本当にうれしかったことと、行動することで去年の僕が予想もしなかった未来がやってくるという事です。

そして、来年もやっちゃいますよ!!↓

節分だよ!!第3回立川こしら二本松いわしろ落語会
%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%89%ef%bc%91

節分の落語会楽しみたい方はFacebookイベントページから参加表明よろしくー!!!!!

さあ、来年も落語会やりますよー!!!

(有)ミナト石材最新情報日々更新!!

落語会やりながら師匠に協力してもらい、食レポ動画つくってます。